« 「ブログで対談」 第四章 終回 | メイン | 袋のない福袋 »

2009年1月 8日 (木)

柴咲コウの月

最近、月を見ていません。最後に見た月は満ちていく月だったか、欠けていく月だったか? 「月」は科学用語であると同時に文芸用語です。教養が足りずに図書館に行き、月について調べるとなると科学と文学、本棚の間を右往左往する事になります。

その辺がネットですと一発ですが、教養があればwebもいらない。もっともこの先は難しい話でもなく、この所、贔屓にしている柴咲コウさんの歌です。驚いた事に柴咲さんは歌う唄のほとんどを自分で作詞している。ヒットした「かたちあるもの」など特に秀逸です。

「夜空に消えてく星の声 儚げに光る鈍色の月」
あまり長く引用すると危ないが、はかなげって読めますか? 歌なんて、はかない物です。私の書く文章だってそうです。形になんてなりゃしない。せめて鈍色の月……その月を見ることを忘れた。

柴咲さんが月に託した物は……かたちあるもので歌われるのは、夏の夜の情事、ヤッちゃった(笑)歌の主人公の女性は、今も本気なのですが諸般の事情で、二人はうまく行かない。これからも……それで相手の男にエールを送るこの歌。

柴咲さんは歌もまずくない。上手いのですがコンサートステージがまた巧妙です。トークに内容があります。過去1年を振り返り次の1年の予定を考えます。自己分析をして生きる自分を客に伝え、客にもそういったやり方を勧めます。

ステージから客席に一方的な説教ではなく、
「何か質問ありますか?」というのが恒例の進行らしい。
「……どんな月が好きですか? 欠けてる月が好きです。下弦の月……これこれ、西側が欠けてる月です。下弦の月が好きです」

対話でステージを進めるのは楽ではない。客は何を聞いて来るか予測ができない。戸惑いもあります。それを即座の答えていく。柴咲さんの反応は早く、らしい答えを盛り込んでいく。webで一般検索してみても「西側が欠けた月」という表現はありません。

満月から十六夜に移って以降の、欠けていく月の表現としてオリジナルの可能性がある……断言はしないが、詞の創作力と重ねてもただの玉ではない。柴崎さんはキャラクターが濃く押し出しもいいので、演技では強気の女性を演じる事になる。歌詞に出てくる主人公とは違うが……繊細さとの両方を備えるらしい。

武田鉄也さんさだまさしさんのコンサートは歌より話しが長いので有名です。あれは予定した話を一方的に話されるので、即興性は薄いのです。たとえば岡本おさみさんの詞「旅の宿」にも月は出てきます。
「上弦の月だったっけ 久しぶりだね 月見るなんて」

ご承知のようにこちらの歌は、酒を飲み過ぎ酔いつぶれ、月観る余裕もないのです……それでも私は、柴咲さんにフォークの響きを重ねます。下弦の月のように儚く弱い私たちは、それでも生き延びよう。そう歌いかけて聞こえます。

満ちていく月ではなく、私たちは欠けていく月という自己分析は確かであると同時に、したたかな時代認識を感じます。日々のニュースは難しいが柴咲さんの歌は心地よい。最近、あなた月を見ましたか。最後に見た月は満ちていく月だったか、それとも欠けていく月だったか覚えていますか?

絵は「エアブラシの山登屋です・店主のブログ」からの提供。
http://ameblo.jp/yamatoya2007/
http://blog.q-ring.jp/yamatoya2007

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18082400

柴咲コウの月を参照しているブログ:

コメント

宣伝になるんでありがたいです。

忘れてた!こちらのブログも是非見ていってください。

いらん世話かもしれませんが、どうすれば描いてもらえるか。写真から描く事とか、料金いくらとか、何日かかるとか、もう少し説明したがよくありませんか?ブログのどこかに書いてらっしゃると思うんですが、ちょっとには行き当たりませんよ。借りるの無料みたいだから、また借りに行きます(笑)

こんばんは!かなり奥の深いお話でしたね(^^)私もさっき調べてみたんですが、柴"咲" コウさんみたいですよ。彼女は年が近いので親近感がありますが、私とは比べ物にはならないくらいしっかりしているなと感じています(笑)考え方、話し方、発想などが大人びています(^^;コンサートの語りかけにもその特徴が良く表れているのではないかと思います♪

いえ、以前に有名女優を取り上げた時も、やっちゃいました。名前を間違って書いて、某大事件を取り上げたもんだから、そのブログがヒットしましてねえ。間違っているのでGOOGLEトップで出ます。書き直すと埋没しますので、わざとそのまま。今回は直しました。もう名前売らなくていいんです。これ以上売ると、かえってヤバイ……ありがとうございました。

この時期、駐車場(自宅まで徒歩10分)やバス停(同5分)から帰宅するのに、ちょうど月が見えます。黄色い満月、白い三日月、ちょっと前には火星と木星が見かけ上近づいて、ニコちゃんマークのようになっていました。理科の授業か何かで、「上弦の月は『うえ』だから←側に向いている、下弦の月は『した』だから→側に向いている」と教わった覚えがあります。今宵の月は…雨模様、ですね。

遅ればせながら、「ブログで対談 カラー編」、ようやく私のサイトにも掲載しました。眠い!

「三菱i(アイ)について」で、Yahoo!検索をかけたら第4位でした。

表示しようと思ってたんですがその気でいらっしゃる方は質問してこられますんでその都度説明しています。写真とまた違った価値観が有るんですがそれなりの金額なんでなかなか難しいんですよ。でも前向きにやって行こうと思ってますんで宜しくお願いします。いつでも言ってもらったら絵の方は使っていいですよ。

ツバメさん、エージェンシーとか言ってますが、運転は? もしされると差し支えます。寝て下さい。アリバイが出来たから、もういい。yahooでもgoogleでも出たからといって、ただそれだけの話。もっとも私の歳の同士は自家出版に乗り出して、やれ何百万つぎ込んだと自慢します。ブログにすると大分、安くなりますなあ(笑)どっちみち下りませんから……寝て下さい。

山登屋さん絵であるだけにええ加減、お後がよろしいようで(笑)

コメントを投稿