« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

立松和平講演会

「緑の星に生まれて」RKKエコキャンペーン

立松氏の衣装はフリースです。紺とグレーのツイン。
「ネクタイをして来るべきですがこの格好で来ました。どこにでもこの格好で行くんです」
この日の講演はいつもと違います。表にも中にも飾りつけがない。極力少ない。演壇には生花がないのです。スポンサーがなく、低予算らしい。別に悪くないですが……音量が足りなくて。

話も散漫な印象を受ける。聞き様によってだが、全体で大きな矛盾を生む。それは……首里城の本丸御殿も復刻したいが木がない。元の木はイヌ薪だが、樫にしたい。昔は鹿児島から運んだらしい。森を作ろう……林野庁は怪しい事してるからなあ。

仏教の勉強に、聖徳太子が建てたという法隆寺にお篭りをする。建てたのは大工さんだが、そういう風にいう。千何百年の建物、人類の宝。寒い。桧の扉。千何回とてつもない回のお篭もり。火を作るがどうやって作るか。興味があった。

伊勢神宮では木を擦って作るが、点火はチャッカマンだった。火は火、そうやって一日が始まる。法隆寺の柱は2000年生の木、システムは森と思う。今から木を植えよう……(この辺の意図は必ずしも判らない。例の立松節は判るがPAが不足)

立松さんの母方の祖先は工夫。足尾の銅山は世界一の規模でそれを支えたのも木。鉱毒で川に魚がいなくなる。田が汚染して実らなくなる。草まで枯らすコークス。田中正造は「辛酸また佳境に入る」といった。正造のやった事を少しでもやろう。

足尾には今も土がない。NPO、土を持っていく。金がかかる、来た人から1000円もらう。木を植えよう心に木を植えよう。鹿が木を食べる。今は豊か、植林に来た高校生のインタビューを受けた事がある。機材が立派で高校生と思わなかった。

祭で万燈を付けるらしい。その内の1燈を、貧しいお婆さんが立てた。貧者の一灯だが、風が吹いて全部の火が消え、一灯だけが消えなかったとされる。環境問題は貧者の一灯と思う。出来る事からやる……山火事を小鳥が消そうとする話。

良寛さんは月の兎の話が好きで、子供たちに兎の話をしていた。
月の兎というのは昔、サルと狐と兎が3人仲良く暮らしていたという。実際にそんな事はない、狐は兎を食べるから、ありえない話だが、まあ話です。

そこに神様が腹を空かせた老人に化けて、なって現れます。(私はこの話は嫌いです)サルは木に登り実を捧げ、狐は川に行き魚を捧げ……兎は草を食べるので捧げるものがない。サルと狐から何か捧げろと責められ、火を起こして体を焼いて捧げる。

第三者が現れると、動きのない旧関係にも裂け目が出きます。そういう説話にも読めます。また、神様は人間に化けてはいけない。そういう説話にも読めます。狐とサルは老人が神様と見破っていたフシもある。そういう説話にも読めます。

他にも読み方はあるのですが、どう読みたいかでどうにでも読めます。本当に合理的な読み方はありません。本を読むのも似た所はあります。漱石のこころを読むと「お嬢さんは先生とKと、どっちが好きだったか」いう人があります。

こころはそういう風に読んではいけない。先生の身になって読むことを要求しています。3千年の木というのは3千年経たないと育たず、雷や山火事や虫が食ったり、自然にも育たないように出来ている。寺や城を作りたいという人がいるのは勝手ですが、私たちは寺や城を作る道具として生きる訳ではない。

私は隣の家のドブ板や天井板を作るような植林には賛成ですが、法隆寺や首里城を作る植林には賛成できない。熊本城本丸御殿、あれは有体に言えば観光イベントです。市民の郷土愛の核というか、シンボルというか、そういう生産的な意味もあります。

だからと言って一万円を捧げろと、狐やサルに強制されるとなれば、熊本市はそういう事は言っていません……いうのであれば、これも話ですね。田中正造さんのように抵抗します。むろん植林に反対すると言っているではありません。

●本丸に寄付もしましたが、実際にもRKKと県の共同イベントに植林に行きました。書いた事は空論ではありません。

2008年11月29日 (土)

車、ナンバーの色

夜の雨と車の渦の中で、こんな考えが浮かびます。ヘッドライトと水銀灯の交差点にさしかかり、前の車のナンバーを見ていると、黄ナンバーと白ナンバーの彩度の違いが気になる。照らされた黄ナンバーは黄に見えず、灰色に見えます。

昼から雨が降り、夜になっても止まず、11月の終わりは師走の感触に冷える。フロントガラスに付いた雨粒が町の灯を反映して光ります。運転はむろん快適ではありません。こういう時は運転なんてしたくない。早く部屋に帰り付きたい。

よそのWebでやっている「ブログで対話」で、黄ナンバーについて話をしました。もう白や黒のモノトーンの車に乗る人ばかりではない。赤や青の車に乗ろうとすると、軽の黄ナンバーはジャマ臭い。私としてもグレーのナンバーがよいと、思う訳です。

何で軽は黄なのか? 昔はむろんナンバーの色を気にする状況ではなく、車は乗れればよかった。ナンバーどころか車色さえ気にする人はいなかった。居てもごくごく少数派、10%に満たない、1%はいたでしょう……だが今は違う。

真っ赤なナンバーは無理でしょうがピンクのナンバーなら可能です。薄い青、ブルーのナンバーなら青い車体に映えましょう? そうではありません? 私がそう考えるくらいですから、おしゃれな人はそう思うでしょう。思わない訳がない。

雨の運転でバックナンバー見てると、やっぱり、そう思います。昔は車の車色自体が白か黒に限られ、需要も薄かった。軽は基本グレーのナンバーにすべきです。そして有料でピンクとかブルーとか黄とか、選択カラーを出すんです。

基本のグレーは0円で、カラーでは3000円くらいなら売れるでしょう。不景気でも5000円なら売れるかもしれません。政治家にはセンスがない。金は天から降って来ないというか、消費税を何パーセントに上げるか、でしょう? 言う事が詰りません。そういう風に、お金を作れませんか?

いえね、実質グレーのナンバーは、もうあるんですよ。ナンバーカバーは半透明で、あれは実質グレーでしょう。見た事はありませんか? どこぞの交通委員が警察に言ったそうです。あれでは事故等の目撃情報にも障わるのではないか、ト。

よくは知りませんが、スピード違反の記録をよける。そういう働きがあるとか。あのカバーを取り締まらない……いう事は実質合法です。それどころかバックナンバー照らすライトに細工した車もあります。あれも読みづらくして違反をよける気ですかねえ。

これじゃ、つまらない。ズボラしないでカラーを認める方が前向きと、私は思います。また渋滞気味の交差点、冷たい雨が降るかかる……もし買えるものなら、好きな色のナンバーを買いませんか? 今、見えるバックナンバーの色は私の心象を写してブルーですけどね。

〇写真はハワイの車のナンバーです。心貧しい行政に皮肉をこめてか? 虹さえ出ています。

2008年11月28日 (金)

ケータイ4ヶ月

今日は「紙のかけはし」身障者に向けた記事になります、あしからず。
ケータイを買ってから4ヶ月になります。60代にケータイは必要なのか? これにスッキリした答えは出ませんが……判っているのはケータイは電話機ですが、電話以外の機能に重点があります。それなら電話だけのケータイはないのか?

あるんですが、それがお得になるかどうか、また話が別です。スッキリ機能とか高齢者向きとかプリペイド式とかありますが、極端に安くはならない。普通のケータイが一般化して、機能を減らしたから安くなる、そういう状況は終っています。むしろ高くなるのです。

私が買ったケータイもそうですが、まずパソコン機能があるのです。小さなパソコンに電話がついている。だからパソコン部分から操作してさまざまな機能を引き出します……ケータイを買うとパソコン部分の契約をします。その方が安い事になります。

私が使った機能はメールと、ニュースの設定、メモ帖、スケジュールと告知、天気予報……です。どれも実用的ではない。メールは3人くらいとやりました。ケータイメールはパソコンのように、細かい事を伝えるには向かない。確認程度にはいいのです。

ケータイでニュースを流す設定は無料ですが、CMが長く内容は伝わらない。パソコンのニュースにもCMはありますが、内容を邪魔する所はなく、ひとつの新聞では足りない部分を何紙も読み、全貌に迫れる場合もないではない。1紙を端から端まで読むより優れる場合もあります。

メモ、スケジュール管理は悪くはないのですが書き込みに慣れません。ケータイ慣れした人はいますが、それはパソコンに慣れない人です。両方慣れは至難です。60才からでは無理と違いますか? ……こういう風に書いて行くとケータイ無用論になってしまいます。

ケータイは緊急時の保険と思います。auだけですがケータイには地震予報があります。設定はややこしいが予報専用器の価格は2万強、安いのが1万を切ったというニュースが、今、出ています。それと同じという訳ではないが、ケータイには無料で付きます。

普通ケータイの方が安いです。後は推して知るべし。カメラになって録音器になってウォークマンになって、何が出来てかにが出来て……そういった機能の山が1万円から3万円、しかもキャッシュバックも常時になったようです。

緊急時、玄関でこけても風呂場ですべっても、ベッドから落ちてもトイレで動けなくなっても誰もいなくても、ケータイさえ持っていれば何とかなる。その可能性は大きい。そういえば昔、ボタンを押して誰か呼ぶ機械もありました。そういう製品も、購入ないし維持価格は大雑把には同じです。

単機能でもいいが持っていなければ結果は同じ、悪くすると緊急時に逝ってしまいます。60才から長生きしたって大した事もありません。そうなったらそれまでで諦めていい。そう割切る方もあるかも知れません。自由です。それも勝手です。

そうではなく普及したケータイを使おう。意欲はあるぞ、そういう方もありましょう。安くて一万、高くて三万、それから維持費が月々千円強、そんな感じの今のケータイです。

〇健常者もほとんど同じ、最後の月々が2000円になりますね。

2008年11月27日 (木)

映画ボルベール 帰郷

「ボルベール 帰郷」を観ます。いわゆるハリウッド映画に食傷した人にお勧めできるスペイン映画、ちょっと読解力がいります。田舎町が舞台というので登場人物が迷信深いのでしょう。いい大人が死者を怖がる、そういう設定です。

私もスペインの田舎町に行った事はありません。挨拶のキスが奇妙に思えて、それに慣れるだけに暫らくかかります。町に事件が起こります。特別な方法で、それは処理されようとします。そのう……死んだと思われる人が実は生きている……と判ります。

それがある方法で処理されます。具体的には書きませんが、女性に任せてしまうのです。男は引いて、問題を女性に任せてみたらどうなるかトでも言いたげにアルモバドル監督は物語を引っ張って行きます。さあ、どうなるのでしょう。

例の欧州の価値基準の見直しだとト思います。このブログの「社会的排除と新たなる連帯」という講義ノートで出しています。その辺りから考えないと私には映画が理解できない。いえ、こういう事って、すでに日本でも起きてます。

たとえば……私の友人が原因不明の頭痛を言っていましてネ、最近それが酷い。不景気で店のやりくりが大変なのだろう、私は思うのです。友人はそれには「そうだ」といいます。だから精密検査でもと私はいうのですが……いい大人が医者を怖がる? そういう設定。

精密にはカミさんも反対です。検査だけで高く付くらしい。友人のカミさんに聞くと頭痛は、私が聞きいたより大変らしい。それで娘さんが評判の占師の話をもちこんで来ます。カミさんと娘は友人をそっちの方に説得します。それで友人も説得されます。

何でかというと霊視占いの初診料が3000円という。霊視は初診とは言わないですか? 友人は占いに行くんです。すると占師はお払いが必要ト言い出す。無論、お払いは3000円では済みません。その辺は精密検査と大きく変わらない料金体系と思います。

私は霊視も精密もやりませんから、まるっきり判りません。精密検査でも原因が判るかどうか、お払いが効くかどうか? いえカミさんも判らないのは同じというんです……どう思われます? いえね。この話は霊感師の方に傾いて、結局おじゃんになります。

友人には息子がいます。息子はガンダムのプラモデルを自分の部屋中に置いている。自分の部屋はお払いお断り。そこから霊視の話は立ち消えになります。ガンプラは霊よりも強い……というのがオチになる訳ですが……話を作ってないかって(笑)作ってません。

友人は頭が痛いと、まだ言っています。指導権を女性に任せたからと言って、何事でも解決するかというと、そうも行かないというのが結論になる訳です。映画? あ、ペネロペ・クロスさんがちょっと老け役の……映画は面白かったです。
〇映画の公式サイト http://volver.gyao.jp/

2008年11月26日 (水)

60才のパートナー

すでに言われるようにWebの出会い系は危険です。ただ周囲にもほぼ、出会いは無くなった今、出会い自体を否定するのも、別な意味で危険でしてね……これが本当に60才前後かと思うほど、今、Webでは高齢の出会い希望がいらっしゃいます。

市場調査のためとの口実で、私も、とある有名出会い系に登録しています。どこかは申しません。それは内容を今から言うからです。最初の登録は無料、ちらちら見せて有料に導くものらしい。それで毎週、新登録会員のプロフィールが届きます。

条件は独身、合コンならぬパソコン。パーソナル・コンパであります。コンパとは懇親会、パーソナルコンパのコンをコンピュータのコンと掛けた駄洒落でもあります。60才前後の女性がパソコンなんて、そんな人が沢山いるはずがない。そう思うでしょう?

1年前、登録してすぐは2週に2〜3人の案内でした。最近は毎週12名が来ます。つまり希望者が増えたんです。それは男に比べれば女性は少ない。男10人に対して女性1人、そういう時代は終わって……でも男7〜8人に女性1人というところでしょうか?

具体的に、こういう方がいらっしゃいます。
「粋を理解できる方。秋葉の店でイアホンのプラグを探したり、神田で書店めぐりに同行してくださる方いませんか。」
な〜んだ。デッキのゴムベルト交換とブックオフでの本あさり、あなたと同じ人種じゃない? さっさと手を上げたら。

そう言われると思いました。ただねえ、この方、東京秋葉の方面で私がちょっとご同行する訳には行きません。23区 から 100 キロ圏内との指定もついております。それでなくとも、こういう趣味は簡単には合いません。古本は学術書でもない限り、もう神田専門街の必要はないのです。

欲しい本ならWebにあたるのが先。この方、アナクロの傾向にあります。粋というよりロマンティストなのです。
「うじゃうじゃ言うな。適当に合わせろ。行ってこい」ですか?
……それがそうは行かないんです。

粋な男募集というのは珍しいのですが、自然好き募集というのは沢山あります。自然農法とか登山とか、そこには男のパートナーの需要があります。旅行などは用心棒がわりというか、同じく需要がある訳です。そこに、こういう事いってはいけないのですが……

ギャップは見かけ以上に深いと思われます。自然が好きと言っても山という山に精通はできない。都会育ちで自然農法に詳しい方もむつかしい。つまり粋とロマンが食い違うように、どこにでも誤解と無理がある気がします。

もっとも有料会員にならなければ連絡の取りようもない。
「おお、こういう女性がいるのか」と、無料会員はそこまででお仕舞い。さっぱりと忘れます。そして先方にも忘れられる……これなら危険も何も……至極、安全です。

60才のパートナーの条件は独身、合コンならぬパソコン。パーソナル・コンパであります。あなた独身、あら既婚……よき配偶者ですか? パソコンなどに興味もない! そうでしょうねえ(笑)

〇挿絵の60才は老け過ぎですが、今の60才を絵に出来ません。

2008年11月25日 (火)

爆笑問題の創造力

爆笑問題は、もうお笑いではないぞ! そう思って観ていると興味深いのです。この24日の90分スペシャルを途中から見ます。太田さんは天動説と地動説を同列に並べ、どちらが本当かは判らないと言い出したところから。

京都大学の教授の一人は、それを詭弁と看破します。私もここは詭弁だろうと思います。太田さんは人文科学には強いが、自然科学には弱い。話題は天文学に属しますが、小学校で習う初歩的な天体観測で証明が出来ます。

太田さんはヤバイと気がついたか、しかし慣れと強気で押し通すつもりのようです。田中さんは問題点を理解してないようにも見えます。議論は空転のままで、天動説がどう地動説と同じに重なるか、太田さんは説明できないのです。

太田さん不利ではありますが、太田さんはビートたけしさんの芸風をマネて、たけしを追い越して行くのです。教授たちも突っ込みところで、突っ込めない。もっとも突っ込んで太田さんの進退が窮まったら、番組がヤバイのですが(笑)

学生の口から西田幾多郎さんが出てきます。
「西田幾多郎はむつかしいでしょう」という学生に、
「むつかしくはない」と太田さんは応じます。
西田幾多郎という人は「善の研究」禅から善という洒落と思います。実在と禅を結びつけた人です。

ドコまで本当かは判らないのですが、ビートたけしさんは学問は話題に出来なかった。太田さんはしている、しなければならないと思っている。漫才師にも学問が必要な時代が来ているという認識がある。画期的と思います。

ただ、京大生は西田幾多郎を読んでない。読めない人もいるらしい……ト私はなめてかかるのです。西田幾多郎は先に書いた以上には私も判りません。哲学と宗教はどう違うかも私は判りません……判りますか? あ、哲学にはご利益がない。宗教はありますねえ(笑)

地動説の説明は小学生にも判るように出来ます。朝日が山から昇って夕日になってビルに沈む。太陽の動きはほぼ毎日同じですが、それでも少しづつズレます。夏至と冬至を頂点に、太陽は山とビルの間を動いて行きます。そして規則正しく1年で元に戻る。

それは地球の地軸が傾いているからで……しいては太陽の周りを地球が回る、ひとつの証明になります。地球の周りを太陽が回るのであれば、太陽の昇り沈む位置のズレは起こりえない……トこれでどうでしょうか。

2008年11月24日 (月)

水泳中毒

水泳中毒という言葉がだいぶん出ています。私も水泳は長いので、そう言われる感じは判ります。何となくそういう事だろうと思います。きっちり正確には判りません。昔はランナーズハイから出た言葉でスイマーズハイと言っていました。

ランナーズハイもまあ、よくよくは判りません。村上春樹さんは1980年代に書いた「THE SCRAP」というコラム集に「ランニングのための音楽」という文章があって、走りながら聞くウォークマン用の音楽について書いています。

ランニングはウォークマンがないと退屈する。風景にあきるそうですから本当にランニングが好きではない。いわばファッションというか、そういった方向でのランニングではなかったか? 思う訳です。別にランニンング中毒でなければいけない。そういう方向には書いていません。

あきたら止めるだけです。義務はない……ところが実際に泳ぐ人は、
「カミさんが倒れて、介護のために体力が落とせない」70代男性。
職業が介護という方もあります。違う人は、若い時に部活で泳いで、今も週1で1キロ泳ぐ人があったりします。ランニングも同じかどうかは知りません。

私の場合も、医師が処方した訳ではありません。まあ見たとおりでリハビリですねえ。ほぼ毎日、1キロ以上……正しく書くと冬場で1キロ、夏場で1.5キロ。ちょっと行き過ぎていますかね? プールの受付で聞きました。

――健常だとして、どれくらい泳ぐもんですか。
「さあ?」
――1日おきに2キロという人はいました。
「あ、そんなもんですね」
――そんなもんですか。ふーん。

いえ、年でしてもう無闇には泳げない。泳ぎ過ぎるとツります。だからツる前に止めるのです。今日も明日も1キロ丁度という訳には行きません。600mでツりそうになったら、せいぜい700mで帰ってしまう。後は明日、明日……

そのかわり調子がいいと1キロから100m、200m……その分は疲れますから疲れが全身に回って、フワリとしたような、私はこれがスイマーズハイだと思います。その感じは好きというよりは嫌いという人の方が多いのです。私の場合はそれで習慣化している。

水泳中毒というと大麻中毒と親戚筋のようですが、大麻や覚せい剤とは違います。プールに入り浸って一日、泳ぎ続ける人のように言われても? プールは2時間が限界です。ああ、それからプールでも音楽はかかりますが水中では聞こえません。

女性とプールとどっちが好きか。そういう設問があります。これは簡単に答えられます。その特定女性にプール好きになってもらって、プールでお会いすればいいのです。そうでしょ?(笑)……何か設問に答えていない所がありますか。

〇プールに行く時間はあるのに、デートの時間はない
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080812/167870/

2008年11月22日 (土)

ハンバーガーを作ろう 2

図々しく2つも作ったのか? 言われそうに思うのですが、そうなんです。受付で、
――米粉パンの受付ですね。
「ええ」
――実はバーガーに来たんですが、時間的には米粉パンがいいようで。
「よければ両方、受けられませんか?」
――ン……お願いします。
トいうような流れで、最初から両方やるつもりではありませんでした。ただ、こういう機会でないとしない。またブログに書いとかないと忘れそう。

バーガーは私、あまり好きではない。バーガーは佐世保のを貰いまして、佐世保にとどめを刺します。ケチャップを少な目に特製マヨネーズで、全体を薄味に仕上げた佐世保バーガーは、あれはスゴいものです。

自宅で出来そうで出来ない。西部ガスが用意されたケチャップ、マスタード、むろん悪くないのですが、それ以上ではない。いえ家庭でどう工夫されても、洗練されたバーガーは無理ではないか。そう思ってしまいます。

それはそれ、うるさく言わないで朝食か昼食に作る。それでいいではないか……そういう風にいえば、それはそうです。ただ3日、バーガー作ったら嫌になります。それがバーガーはあまり好きではない……といった理由になります。

米粉パンはその点、もっと点数が高い。パンは捏ね上げて9個に分けてあります。それにカレーと餡を入れるだけ、これもあっと言う間に出来ます。レシピには生地作りから、最後の焼成までありますが、それは先方でされます。レシピとしても出しません

待つこと約90分、この間、私は近場のブックオフに古書を物色に行きました。ただ焼きたてを食べた方がよろしい。私はバーガーを食べたので食べられない。夕食に食べますが、夕方には無残にしぼんでいます……パンはこの辺が難しいのです。

焼き直しでほぼ復活するのですが、リベイクには慣れてない方もあるかと思います。私の場合、登山に使うアルミ鍋で写真はキャンピング用品のスノーピークの物……ちょっと食べるには面倒というか、リベイクに慣れてない訳です。

やってみると面白い事は開ける。ちょっと昼を食いに行ったら、夕食も翌日の朝食まで作ることになります。ついでブログネタにもなる。
「いかがでした?」担当に感想を求められます。
――面白かったですよ。

これからはパンに行くのか麺に行くのか、体験コーナーではないけれどラーメンも売っていました。
ガスストーブが特価8000円で売っていました。私の買ったのとほぼ同型、私のまだ安かったです、よ〜う(笑)
ガスの生活を提唱しようとするガスフェアにまだまだ、お仕事はあるように思いました。

〇アルミ鍋、写真はキャンピング用品のスノーピークで。セットで3000円、これは使い出があります。安い物は意外な所にある。討ち入りも間近でゴザルゆえ油断めさるな。

2008年11月21日 (金)

ハンバーガーを作ろう

ガスフェア2008、10:00〜17:00 ガス展でハンバーガーを作りましたのでレシピを出します。初日であまり入っていないようで、ここの実践コーナーは余裕がありました。男は私だけでした。

ハンバーガーでは4組を10回レクチャーの予定で、時間詳細は判りません。並立プログラムの「米粉パン」が10組3回、10:30、12:30、14:30の3回が予定されています。これに時間は準ずると思われます。

〇材料、パン(バンズ)パティ(ハンバーグ)
たまねぎ、トマト、レタス
サラダ油、ケチャップ、マヨネーズ、塩こしょう、マーガリン、マスタード。

〇作り方に入ります。
�トマトとたまねぎは輪切り、レタスは適当にちぎり、水分は切っておく。

�パティを焼きます。フライパンにサラダ油を少々、これはホントに少なくなじませ、中火で2分焼きます。色がついたら裏返す。

�バンズはグリルで焼きます。切り口を上にして弱火で1分。それでも焦げました。アルミホイールで挟むとか工夫が必要です。今回はキラクックという新型のITグリルでのデモですが、ここで見る限りは普通のグリルでも出来ます。

�焼いたバンズにマーガリンを塗る。

�下側のバンズにパテを乗せ、ケチャップを塗り、スライスチーズ、たまねぎ、トマト、レタスを載せ、塩こしょうマスタードで味付けし、上側のバンズにマヨネーズを塗り、両バンズを合わせます。

あっという間に出来ます。エプロンは貸してくれて、料金は2個200円、これはいいですね。キレイなお姉さんにマンツウマンで指導されました。近辺ブログの誰かさんの、好きそうなシステムだなあ。

作りながらたあいない話をしました。
「料理されるんですか?」
――チャーハン、カレー、スパゲッティという所です。
「お得意は?」
――オックステール。牛の尻尾で作るカレーというメニューがあったのですが、狂牛病で駄目になりました。

「あーぁ、牛は駄目ですねえ」
どうなのでしょう。男の単身参加は想定外だったのかも……それで事後に電話を入れてみました。親子など二人一組を想定しています。明日以降、どういう客の入りになるかは判りません……のんびり世間話しては、いけなかったみたいです。

パテはAプライズにあって、バンズはくらし館にありました。うーん、でもこれ、毎朝食うと飽きます。やや高カロリーでオジイサンには向かない。明日は米粉パンで、この続きです。

電話で取った情報は、
11月21日(金)〜24日(月)10:00〜17:00 興南会館
西部ガス(株) 熊本支社096-370-8610受付時間/平日9:00〜17:45

西部ガスHPからイベント情報 熊本地区に表示
http://www.saibugas.co.jp/#

ブログで対談 3

ブログで対談の3回目です。今回は画像にも出しました、ある問題が論点になります。内容的な盛り上がりを見せるのですが、では……

Hata いらっしゃいませ。さくらさん歓迎します。名前は女性を連想しますが男性ですね。大丈夫かなあト少し心配でした。コンプレッサーというのですか。ポンプではないですねえ……それが収納されてる場所が問題で、後部座席の下で、とても取り出し難い。

Hata 私はプラグをよくいじるので運転席の後ろの収納に、ワイヤブラシやヤスリ、プラグレンチ等をセットで収納しています。取り出し易いといじるようになると……そう思います。そろそろ3年目でスペアタイヤがないのが気になりませんか?

Hata 私は身障者でタイヤ交換は出来ないというので、アイ式の補修具は前から持ってましたが、いざパンクとなったら忘れてました。思い浮かばないですよ。

787.TSUBAME さくらさん、ようこそ。と、私が言うのもなんですが。わーい、これで仲間が増えたぁ!

787.TSUBAME 置いといて。コンプレッサーの話ですが、確かに不便な場所ですよね。後席を取り外して、さらに“湯たんぽ”を開けないといけない。非常用ということですからこれでいいのかもしれませんが、パンク修理キットはあくまでもトレッド面に釘が刺さったときなどの応急処置用ですよね。

787.TSUBAME タイヤがバーストしたときはJAFを呼ぶしかない。せめてランフラットタイヤにしてくれれば最寄のタイヤショップまで自走することもできるのですが、コストを考えると止むを得ないというところでしょうか。

787.TSUBAME さて、空気圧ですが、さくらさんのおっしゃるとおり、適正空気圧はそれなりの理由があって定められているとは思います。ただし、ぴったりの必要はない。あくまでも機械の部品ですから、多少の誤差、許容範囲はあるはずです。

787.TSUBAME さくらさんは、常時一割り増しだということですが、「メンテナンスの頻度を下げるため」という理由もありだと思いますよ。特にアイは、前後でタイヤサイズが違うからローテーションができないですもんね。

787.TSUBAME 私がジムニー時代に一割り増しにしていた理由は、「ハンドリングが軽い」ということです。ノンパワーアシストの上にフロントヘビーなクルマでしたからねぇ。アイはもともとハンドリングが軽いですから、やはり燃費への影響が楽しみです。次回給油時にでもスタンドで調整してみます。

Hata 私もさくらさんの一言で思うのですが、それなりの理由が、三菱ではもう一つ明らかでないのです。コンプレッサーのボディに小さく説明文がありまして「三菱アイ付属ポンプの謎」として「hataさんのかけはし」ブログでは写真をつけて書いています。

Hata 「危険ですからタイヤの前に立たないで下さい」
タイヤの前でないとコンプの操作が出来ないのに意味が判らない。三菱の技術に聞くと「プラグのすっぽ抜けを警戒したのだろう」
との説明で、技術社員でも判らない面があるらしい。

Hata 私はカローラ10年、フェスティバ16年乗っている間、フェスティバで1度しかパンク体験はありません。アイもその程度とは思いますが、ローテーションなしでは少しパンク頻度は高くなるものか? 

Hata この辺のデータもあるのか、ないのか? 
判りません。先の事とからめると、三菱はまだ情報開示が足りないのです。私は神経質でしょうか?

さくら そうなんですよ……。いちいちシートを外して、ネジを撮って……ってやると非常に面倒です。そして、外したということは戻さないといけないのですから。それに嫌気がさし……

さくら もう一台実はコンプレッサーを購入しました。アイに搭載されているものとほとんど同じものかと思われます。
「危険ですからタイヤの前に立たないで下さい」というのは今更
知りました。(苦笑)考えると謎ですねぇ……エアのホースをしっかり伸ばして、タイヤの直前に立つなってことでしょうか。うーん。

さくら ローテーションについてですが、タイヤメーカー等は摩耗を均一にするという発言がなされていますが、アイの場合はご存知の通りできません。タイヤとしての寿命を考えると他車に比べると短くなる可能性は十分に考えられます。

さくら 偏摩耗したという話も目にしたことがあります。ローテーションができないことによるデメリットだけはユーザーに伝えて欲しいなぁとは思います。デメリットをつたえること、不利なことを正直に伝える姿勢こそ、ユーザーの安心、信頼を得られるのではないかと思います。

787.TSUBAMEURL コンプレッサーの「危険ですからタイヤの前に立たないで下さい」の記述、知りませんでした。今のところ、“湯たんぽ”を開けたことがないものですから。

787.TSUBAMEURL ディーラーの「プラグのすっぽ抜けを警戒したのだろう」という説明どおり、PL法対策、すなわちフールプルーフ(バカ避け)の意味だと思います。

787.TSUBAMEURL 訴訟社会のアメリカでは、
・電子レンジに濡れた飼い猫を入れて乾かそうとしたところ、死んでしまった。「動物等を入れて乾かすな」という警告ステッカーが貼られていなかったからだ。

・マクドナルドでホットコーヒーを頼んだが、膝にこぼして火傷をした。マックのコーヒーは熱すぎる。
・私が肺がんになったのは、タバコメーカーがタバコを製造販売しているせいだ。

・スズキジムニーは車高が高いから、ハイスピードでコーナーリングすると転倒してしまう。
これら、全て原告勝利です。賠償金ン億円。日本のメーカーは慌てましたよ。こんなこと、消費者がフツーに気をつければいいことであって、メーカーには何の落ち度もないはず。まして、タバコの話なんて、八つ当たりもいいところだと思うのです。ハッキリ行って有名な消費者団体の言いがかりです。

787.TSUBAMEURL このような訴訟が相次いだものですから、日本でもPL法(製造物責任法)が施行されました。それ以降、各種マニュアルの冒頭数十ページにもわたり「注意書き」が明記され、そのうち身体に危険を及ぼす恐れがある行為は製品本体にも明示されるようになりました。

787.TSUBAMEURL さて、タイヤのローテーションの話ですが、前後でタイヤサイズが違うことによるデメリットはありますよね。最たる例は、タイヤの買い替え。さくらさんも書かれていたことと思いますが、普通タイヤは四本セットで販売されていますよね。アイは二本単位で買わないといけない。つまり、コストが上がるわけです。

787.TSUBAMEURL ローテーションもしかり。前後でのローテーションはできない。PL法の話とリンクするかもしれませんが、ユーザーはこのことを当然知っている…という前提なんでしょうか?カタログやマニュアルを見ればわかりますし、よーくタイヤを見てみればわかります。でも、車のメカにあまり関心のない女性やお年よりはそんなことわからないのでは?

787.TSUBAMEURL “売らなければならない”ディーラーが、デメリットとして積極的にユーザー予備層に伝えるというのはなかなか難しいのかもしれませんが、もう少し注意喚起をする必要はあるのかもしれませんね。

この内容の原型は私のこのブログの「ブログで対談」コメント欄で収録しました。進行中「ブログで対談」はさくらさんのブログ「アイと一緒」の「ブログで対談」で収録中です。さくらさんの意見等により「一般参加もあり」になりました。我と思わん方はどうぞご参加ください。