« 友達がいない症候群3 | メイン | 青猫 萩原朔太郎 »

2008年10月30日 (木)

変形性膝関節症に関する報告

サンフランシスコで開催されている米国リウマチ学会で、変形性膝関節症に関する報告がされています。患者さんが記事だけを見て、どうこう出来る内容とは思えませんが、担当医師と相談の上で実行できる事もありそうです。関係症状にある方はご参照ください。

運動靴の靴底に十字の切り込みを入れるだけで変形性膝関節症の発症や増悪を予防できる可能性がある――こんな興味深い研究成果が報告された。ゴム底に適切な切り込みを入れることで動きの自由度が増し、変形性膝関節症の悪化要因となる膝の内転モーメントが減少するという。
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_30283_30007_5

中国の伝統的な運動として知られる太極拳は、変形性膝関節症の治療に有効であることが示唆された。太極拳に取り組むグループと通常のストレッチを行うグループに分けて、効果を検討したところ、太極拳群で痛みや身体機能などに有意な効果を認めた。タフツ・メディカルセンター(米、ボストン)のChenchen Wang氏らが10月26日、サンフランシスコで開催されている米国リウマチ学会(ACR2008)で発表した。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/acr2008/200810/508311.html

内側型変形性膝関節症の患者に、外側ウエッジ型足底板の長期使用が効果的であることが報告された。通常の足底板と比較した二重盲検試験により明らかになったもので、ラッシュ大メディカルセンター(米、シカゴ)のMarkus A. Wimmer氏らが10月26日、サンフランシスコで開催されている米国リウマチ学会(ACR2008)で発表した。
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_30198_30007_4

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18081956

変形性膝関節症に関する報告を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿