« 相談員研修会2008 | メイン | 変形性膝関節症に関する報告 »

2008年10月29日 (水)

友達がいない症候群3

友達がいない症候群の3回目になります。前回までの話は、ママ友達の欲しい人が初回の「症候群」を見たらしい……その方面では子育てのアンケート調査が出て、報告をみると具体的な需要が判ります。なぜママ友達が欲しいのか?

今回は、ママ友の場合がある程度、一般化もできるのでは? そういう内容でまとめます。友達がいない人が友達を得るヒントにもなると思います……あまりいうと大袈裟です。今回、例はホームページ作成講座第8回から取ります。

論より証拠、見てもらうと判ります。現在の私のWebはかなりみっともない様になっています。こんな、みっともない様はさらしたくない。Webはカッコつけて出したいものです。でも、あまり格好をつけると本人とかけ離れてしまう。

ほどほどがいいのですが、そんな基準はあるようでない。ホームページ講座、第8回の私を見てもらうと判りますが、3000円で買った事に微妙な評価が出ます。少し前なら同じ物なら高く買った方が男らしい。細かいこだわりがないト評価されたのです。

今は違う。男でもやはり女性と同じく(失礼)シビアな買物の方が評価されます。そこは、はっきり変わっています。女性は安く買うと羨ましがられ、高く買うとバカにされるんでしょう? それで大袈裟にいうと人間性まで評価されてしまう。

学生時代の友達は、一人では手が回らない宿題を半分に減らす、同一条件の連盟だったりしました。クラスのボスは違いましたがね。ママ友でいう友とは、アンケートを読むと自分に都合のいい情報を持って来る家来、になってほしい様にも見えます。

新しい物は、物としてほぼ同じです。だが中古は皆違います。箱に入っているの、いないの。元のオーナーが男の物、女性の物。長く使った物、使わず仕舞っておいた物……とても一律に金額には換算できない。

それを見る価値観も人によって違う。有名タレントが使っていたビルダーソフトなんてないのですが、もしあってサインか何か入れてオークションに出したら、とんでもない価格が入るかもしれません。宮崎あおいさんが使ったホームページビルダーなんて……

それでもビルダーはビルダー。中古は中古、笑って済ませるべき物です。本当に大事なことは自分のホームページを作ること、いえ作れるようになること……そういう意味で価値錯乱の気味にあるのです。細かい評価が先で、目的が見失われがち。

Webもブログも今やありふれて星の数ほどあります。目的自体にさえ成り難い……すると手段に注目がいく。そういう風に見えませんか? 気にしなければ、どうでもいい事にも注目です。ただ気にし過ぎると重要点を見なくなる……傾向にありますね。

色々な物があるようで実際には、正解が決まっていると思う。子育てにもさし当たっての正解が欲しい。他人はどうしているか? 自分ひとりは不安、それで思い込みが生まれたりする。本当はひとりの方が強いのですが。少なくとも、その辺を整頓しないと、誰も友達になりません。

ひとりの自分がはっきりある。もう学生ではありません。利用のための友達なのか、余裕のための友達なのか、すっきりしないのです。

〇地域で子育てママのための講習会があれば参加したいですか?
http://www.e-baby.co.jp/chiiki_report/chiiki_report2.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18081950

友達がいない症候群3を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿