« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月20日 (月)

恋せども愛せども ドラマ

「恋せども愛せども」というドラマを観ます。男のいない4人家族の話です。血のつながっていない4人の女性に、それぞれ恋人がいて……話が始まります。私には昔なじみの堀川とんこうさんの演出がなつかしいのです。

舞台が金沢でジェンダーな、どこか聞いた事のある話、展開と……五木寛之さんの作風です。岸恵子さん壇ふみさんを脇に置いて、長谷川京子さん京野ことみさんが話題の中心になります。物語の紹介はしませんが、思うほど二人は幸せにならない。

なぜか? ここで結論をバラしますが、昔、男が幸せだったのは女性を家来にしていたからです。見ていた新世代女性が、私も幸せになりたい。男女同権にすべきという。ジェンダーの骨子ですね……そうですね。

女性から見て同権では昔の男のようには、なれない。そうなるには男を家来にすることです……だけどそうは、いかないんでしょ? 人権を踏みにじられる経験を持つと、露骨に踏みにじる側にも回れなくなる。長谷川さんの演技は、その辺を向きます。

京野さんは、そこは主張する人ですが、でも男を家来には出来ないのです。重度身障者も健常者や軽度者を家来と考える……そういう意見趣旨が出た事はありました。それである所までは進行しました。長くは持たなかった。経験が足りなくて全体を見通せない。

当り前ですね。一般の男も信長、秀吉、家康の誰がいいか? それはなぜか? そういう話題がありました。圧倒的に信長に人気があるのは他2人を家来にしたから。そして信長は全体をどうするか考えられた。残りの2人には判らない。

ジェンダーにも限界がある。それはひとつの幸福を男と女性で半分っこするので、ひとつはひとつで、膨らんだり増えたりはしない……限界があるのです。障害が重度だから誰かが代ってして上げるのです。でも、して上げた人の時間は元にもどらない、ボランティアとして処理するか? お金で支払う他に代用がない。

男の子守りする時間を増やすとして、子守りをしている時間には仕事は出来ない。その分、仕事の能率は落ちます。誰が支払うかは別としてツケが生じる。それは否定できません……その分「長谷京」や、ことみちゃんは幸せになれないのです。

ちょっと乱暴かなあ。これで障害者差別も女性差別も、差別が一般化できます。あとは金額で解決するという道が開けます……ジェンダーは進めなければなりません。ただジェンダーでみんなが幸せになるか? には以上のような点で疑問があります。

では外国は、どのような幸せを求めているのか? 米国はいぜんとしてキリスト経の政治力が消えなくて、その方面から倫理的に縛られた幸せと思われます。欧州は、前に書いたように、仏は愛の倫理を緩めます。(15才の愛人)

オランダとかでは公娼制を引いた国があります。売春を公認化します。私も欧州に行った訳ではありません。公娼というのは50前後の女性がするんです。性そのもののストレスは軽滅されます。問題は愛、特に若い人にとっては、愛がない現実は軽滅できない。

「キャバクラやホテトルはないのか」言われる男性がありそうです。若い愛はそういう風に解消されるようです。でも、それは個人と個人であって、家庭での時間がなくなり家の意味もなくなる。米国も、その点は似ているでしょうね。

2008年10月18日 (土)

納得では戦えない

障害者にインタビューを取り、テープに入れてワープロで起こす……作業を通して見えない物が見える、こと、が、あります。それは紙と鉛筆をお渡して書いてもらったのとは、違います。たとえば足を引きずって歩く様は、普通、本人には見えません。

最近はビデオカメラとかショーウィンドウのガラスの反射とか、絶対に見えない物でもないのですが、それは見ない見えない。ほとんど本人だけが知らない事として、ある訳です。たとえばその歩く様が本人の思っている以上に醜いとします。

その場合、それ言ってみても仕方がないし判りませんから、別に記事化する必要はありません。事実がもう少し深い影を作るのは、たとえば病気が伝染するか、しないかについてです……昔、ポリオは感染ると言われた事がありました。

ポリオは医師に感染らない。はっきり言われますが、周囲は感染ると思うのです。ないしは半信半疑で見る。俗に白い眼で見ると言います。これは横目で見るの意味です。黒目が脇に行って正面から見てると、白目勝ちなる所から、そう言われました。

事実を正さない。いえ本人が知らない場合がありました。空気感染はしないとして「遺伝で感染らないかが、心配」というのです。インターネットのない時代です。いえ、今もそういう肝心な事は、以外にも正されていない。

「誰それさんが……あの人が、この人も言っていた」という。それが根も葉もない。よく知る何人かがそう言うと、それなら正しい、違うはずがない。思い込む、これは怖い。身障者の会の情報は、個人で持ってる情報よりは確かなはずです。だが間違ったのもありました。

個人の情報は修正され易いのですが、集団情報はそうでない。みんな思っているから、長くそう思って来たから、修正の必要はない。重度の身障者を対象とした会があるとします。たとえば軽度者の発言だから……と軽く処理されます。

外の情報は正しくない、そういう人もあります。インターネットのように日々の変化を、毎日細かく伝える媒体は、個人としては辛いところがあります。情報過多に自己が維持できない。あるいは悪は外側に求めたい。すでに障害のハンデがプレッシャーだから、これ以上は耐えられない。

で、不都合は無視してしまう。ないしは納得する。個人の状況は判りますが、私は事実を武器にします。縮めて言えばですが、そういう目論見もあってのインタビューです。記事作りです。そういう個人状況の代弁は出来ません。実は目論見に関してボランティアではないのです。

足を引きずる醜さを認めなければ、伝染らない事実が説得できない……たとえばですが、そういう時もあります。……何か他の例がよかったのか? その時に不都合は辞さない。なぜなら事実を武器にしたい。私は無視や納得では戦えませんから。

2008年10月17日 (金)

ホームページ作成講座 第5回

教習が一段落した所で「最初の部分が判らない」と声がでます。
それは冒頭、ファイルを作るから……「パソコンの概念がつかめない」という風に展開して行きます。
使っているパソコンから、どの部分がWebサーバーに移動し、他者に見られる事になるのか?

ホームページを作る事を、私はメール、添付メール、掲示板、ブログと順を踏んでいます。時間的には、時代はパソコン通信からやって来ると何となく、概念は出来るのです。しかし昨日今日にパソコンを買って、電話線につないで、TVのようにWeb見ると……

「気持ちが悪い」という言葉が聞こえます。パソコンで、Webで何かすると意外な方向から見られます。私のブログで一番見てもらっているのはカナディアン、ロフストランド・ステッキ、杖に関する記載です。

私は松葉杖二本から順を追って杖二本に変えた人です。二本杖を松葉杖のように使うのは、珍しいらしい。整形看護師でも「見た事がない」言われる。一方で事故などで、そうした舗装具を使って町に出る人は増えている……と思われます。

全く予測が出来ませんでした、今……あきれるほどの視聴があっています。その件から始まって、割と私のブログが検索の上位に出て来るようになっています。たとえば「先発薬後発薬」なんか出てきます。

私はご承知のように薬剤師でも医師でもありませんで、情報処理と取材で、この記事は書いています。体験はなし。それでこう見られると、記事には自信がありますが、それでも怖い。この部分は私としては、気持ち悪い……うっかり書けない状況になっています。

紙のかけはしの多かった時の部数を、今は少なくなっています。ブログの一日の視聴が越えていきます。読む人なんかいないブログがですよ。Webは怖い……気持ち悪いというとネガティブですが、判ります。

講習はその問題は、そこらで切り上げて先に向かいました。

2008年10月16日 (木)

ブログでDJ 4 〜怨歌編〜

Youtubeを使っての「ブログでDJ」シリーズの4回目です。(そのくらい)著作権がらみの問題があり、粛清されるのではないかと思われましたが、解禁のようです。曲目は増えており、今回は安保に関連した60〜70年の歌謡曲系を集めてみました。

米日安保条約は1951年に締結されます。1958年頃からその改定交渉が行われます。岸内閣からは1960年1月に岸以下全権団が訪米、大統領アイゼンハワーと会談し、新安保条約の調印と大統領の訪日で合意します。で、6月19日に新条約が調印されます。

米への属国化ですので、反対する運動はあった訳ですが成果はなく、ひとりの女子大生がデモで死にます。疲れた者たちは、この一曲に心重ねる訳です。当時といては歌謡曲ばなれしたヴォーカルで、廃頽的な詞はB面曲だから大目に見たと思われます。
〇アカシヤの雨が止む時・西田佐知子 1960年4月
http://jp.youtube.com/watch?v=hbiZQ9U9S7k&feature=related
歌詞カード・水木かおる
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND194/index.html


4年後1965年に、再び政治の季節が始まろうとします。「ベトナムの平和を願う市民の集会」に向けつくられ披露された歌曲です。詞の中で死ぬのはひとりの女ではなく、男でもあり子供でもあり、銃を持った兵士でもある。歌い易くはないのですが日本が誇る作曲家、作詞家ともなった二人が作った名曲ともなります。

詩人は詩だけを書いていられない。アニメの歌詞、CMのコピー、TVラジオ新聞、すべての媒体から語りかけます。谷川俊太郎、やがて現代詩の王ともなる人は、まだ王にはなっていませんでした。敗北の中にあってなお希望を持つとは、どうする事なのか? それが谷川の一生のテーマになります。
〇死んだ男の残したものは・長谷川きよし
http://jp.youtube.com/watch?v=kLThp2qMgDQ&feature=related
歌詞カード
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/shindaotokono.html


69年、若くキレイな顔に、ドスの効いた声量のある歌声……とある作家に、これは演歌ではない、艶歌でもない。怨歌だといわれた歌です。下層から這い上がった人間の一瞬の輝きとも……この不吉な評と裏腹に、黒いドレスがよく合う現代の怨歌は、一世を風靡します。
〇新宿の女・藤圭子
http://jp.youtube.com/watch?v=ZB0aY4pqgto&feature=related
歌詞カード
http://www15.plala.or.jp/hiroiosa/index-ikinuki-mysong-sinjukunoonna.htm


同じく69年、作詞家、阿久悠さんのデビューという一曲。ここに歌詞カードに記録されているのは4番ですが、曲には3、4の間にあまり歌われない、もう1番が入ります。男を刺した後、刑務所の設定で、放送では自粛されたと思われます。安保の敗北を受けた、これまた怨歌であります。
〇懺悔の値打ちもない・北原ミレイ
http://jp.youtube.com/watch?v=1YYJpbA7I9k&feature=related
歌詞カード
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND2166/index.html


詞先で阿久さんはファドを意識していたそうです。歌った北原さんはシャンソンもやったせいか、詞の中のドラマを浮き立てるのに特色がある。ここで取り上げた歌のどれもがそうですが、聞き手は歌詞の世界に自分をゆだねる……そういう聞き方をしました。

「懺悔の……」は映画「八月の濡れた砂」71年の挿入歌にも使われますが、映画にはエンドタイトルに使われる、印象に残る曲がありました。安保によったか日本は決定的に米国化していく訳です。特に経済発展は大きく、思ったより悪くない選択だった……そういう人もあります。終曲は、
〇八月の濡れた砂・石川セリ
http://jp.youtube.com/watch?v=En26n8uDN0s
歌詞カード
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/227754/Y010111

2008年10月15日 (水)

ホームページ作成講座 第4回

Webを作ろうとすると大変です。かなり手数がいります。ブログのように1文章、1写真という訳には行きません。ああ、タイトルとテーマは、ほぼ決定しました。
タイトルは「かけはしスペシャル」にします。構成変え期間のTV番組みたいですが……

内容は、よく読まれたブログ内容を、いくつか選んでリライトしましょう。その後、判った事を加えて補足追加ですねえ。思いつかないので当面はそれで行きます。具体的に最初はカナディアン、杖の話です。私、カナディアンは使わないのに……

ホームページビルダーV11の体験版を使っています。これが今月中に体験期間が切れます。来月はV12体験版でつなぎます。その後は……ビルダーは普通に買うと2万円ですので、手を回している所です。これが中古などで、いろいろあるようです。

先日、V9をヤフオクで3000円くらいで入札しておいたのです。講習に行く夜で「落ちないだろうなあ」思っていたら、やっぱり落ちませんでした(笑)
落札価格は4000円超えていました。V9でもいいのですが、ビスタには対応しません。

数年後、パソコンをビスタに変えるとダメです。ハイ、それまでよ〜。その辺はV12の方がいい訳です。それはまあ、新しい方がいい訳です。しかし、そのビスタも……近く新ウィンに変わるという話です。

そうなるとV12も、という心配な話にはなります。ヤフオクにV12のダウンロード版が出た事がありまして、これも入札はしたんですが落ちません。多分という価格を入れたのですが……あれこれ考えると決まりません。

友人に中古情報を電話で問い合わせたら1万円というから、これもまとまっておりません。ブログでアリバイはあるのに、営業という訳でもなし更なる証明が必要なのか? そういう風に考えると寿司でも食って、Web作りは忘れたがいいような気にもなります。

〇ここにこういう形で出していいのか?……比較的視聴年齢が高いと思われますので出します。札幌で高血圧学会が開催されており、関係から新情報が出ています。
〇喫煙者は、上腕血圧が正常血圧であっても中心血圧が高く、循環器疾患のリスクとなっていることが明らかとなった。獨協医科大学循環器内科の南順一氏が、10月9日から札幌市で開催されている第31回日本高血圧学会総会で発表した。
〇本態性高血圧治療において、β遮断薬は第1選択薬として不要なのか――。この問いかけに対し、「β遮断薬は第1選択薬として残すべき」とする研究成果が報告された。血行動態に着目し、β遮断薬が第1選択薬となりうる症例を調査したところ、約30%が対象例だったことが分かったからだ。一橋病院(東京都小平市)内科部長の青鹿佳和氏が10月10日、札幌市で開催されている日本高血圧学会で発表した。
〇地域在住の40歳代男性について、CT画像から算出した内臓脂肪・皮下脂肪の面積と血圧、メタボリックシンドロームの関連をみたところ、多変量解析では、内臓脂肪だけが有意な関連がみられた。循環器疫学に関する国際共同研究「ERA-JUMP」のデータを基にした研究成果で、京都女子大学家政学部生活福祉学科教授の中村保幸氏らが10月9日、札幌で開催中の第31回日本高血圧学会(JSH2008)のポスターセッションで発表した。
〇高血圧患者における慢性腎臓病(CKD)の合併は、心房細動新規発症の独立したリスクであることが報告された。本態性高血圧患者1000人余を対象にした観察研究によって明らかになったもので、国立循環器病センターの堀尾武史氏らが10月9日、札幌市で開催されている日本高血圧学会で発表した。

2008年10月14日 (火)

動く標的

本当は違うビデオを探してますが、出て来ないので「動く標的」で間に合わせます。ポール・ニューマンの追悼が沢山、出てきましたので、一足先にやった私としてはパート2もあり、かな、という安易なネタであります。

冒頭シーンでハーパーが目を明いて天井を見ている。目覚ましはその後で鳴る……記憶違いでした。私立探偵ハーパーの目覚めで始るこの映画はタイトルバックで、人物設定を全部やってしまいます。これが「カインドオブブルー」でマネされます。

いやもっと「傷天」のショーケン、探偵物語のユーサク……枚挙にいとまがない。氷水で顔を洗う様は、ニューマン自身が「スティング」で繰り返します。ここでの一連の動作は何を意味するか。自分を確立させろという意味だろう、私は思います。

ニューマンさんは「自分のような金持ちから税金を取らなくて、どうする」意味のブッシュ批判をしたそうです。ニューマンさんが死んだ日に株化は壮烈に下げ、恐慌への道を進みました。ブッシュ大統領は大恐慌を起こした人として歴史に残るのか?

戦争をして国を傾け、税金は金持ちからは取らず貧乏人からか、というのがニューマンさんの主張です。では、ニューマンさんはアカか? そうではない所に映画を観るむつかしさがある。食品会社の社長肩書きはあるがリベラリストです。

マーロン・ブランド、ジェームス・ディーンに続くアクターズスタジオ、三人目の俳優がニューマンになります。つまり規制概念に反抗的です。体制順応ではない、誰かのマネでない自分を持て、それがカッコいい事ではないのか?

言うは易く何とやら、それは具体的にどうする事なのか。権力におもねらず金がなくても泣き言をいわず、自分自身を貫く。それをコミカルに実践して見せたのが探偵ハーパーでした。そういう位置付けになります。それはまんまと成功しました。

ライバルはマクィーンさんでしょうか。マクィーンさんは西部劇出身でもあり、体質が少し古くてアクション映画からの脱皮が出来ない。タワーリングインフェルノでは競演して主演を取りますが、早くに亡くなります。

日本で、みんなショーケン大好き、ユーサク格好いいと思うのでしょう? 原型はハーパーです。原作はハーパーという名前ではありませんで、変えました。名前が同じだと2作目、3作目でも原作料払わないといけない。抜け目のない所がニューマンさんです。

それは得だったのかどうか? アカデミー賞の受賞が遅れておくれて「ハスラー2」まで伸びてしまう。もっとも、権力におもねっておもねって、ゴマ摺る手に豆を作ってもアカデミー賞が貰えない。そういう映画人もいるのですが(笑)

誰だって? そんな知りません、書けません。私は反抗のブロガーなんかじゃありませんから……読んで頂けて読者あっての、しがないブログの書き手です……探していたビデオが出てきました。これです! 下記の音声、聞いてみて下さい。

9/30(火)コラムの花道×町山智浩をダウンロード
本当は違うビデオを探してますが、出て来ないので「動く標的」で間に合わせます。ポール・ニューマンの追悼が沢山、出てきましたので、一足先にやった私としてはパート2もあり、かな、という安易なネタであります。

冒頭シーンでハーパーが目を明いて天井を見ている。目覚ましはその後で鳴る……記憶違いでした。私立探偵ハーパーの目覚めで始るこの映画はタイトルバックで、人物設定を全部やってしまいます。これが「カインドオブブルー」でマネされます。

いやもっと「傷天」のショーケン、探偵物語のユーサク……枚挙にいとまがない。氷水で顔を洗う様は、ニューマン自身が「スティング」で繰り返します。ここでの一連の動作は何を意味するか。自分を確立させろという意味だろう、私は思います。

ニューマンさんは「自分のような金持ちから税金を取らなくて、どうする」意味のブッシュ批判をしたそうです。ニューマンさんが死んだ日に株化は壮烈に下げ、恐慌への道を進みました。ブッシュ大統領は大恐慌を起こした人として歴史に残るのか?

戦争をして国を傾け、税金は金持ちからは取らず貧乏人からか、というのがニューマンさんの主張です。では、ニューマンさんはアカか? そうではない所に映画を観るむつかしさがある。食品会社の社長肩書きはあるがリベラリストです。

マーロン・ブランド、ジェームス・ディーンに続くアクターズスタジオ、三人目の俳優がニューマンになります。つまり規制概念に反抗的です。体制順応ではない、誰かのマネでない自分を持て、それがカッコいい事ではないのか?

言うは易く何とやら、それは具体的にどうする事なのか。権力におもねらず金がなくても泣き言をいわず、自分自身を貫く。それをコミカルに実践して見せたのが探偵ハーパーでした。そういう位置付けになります。それはまんまと成功しました。

ライバルはマクィーンさんでしょうか。マクィーンさんは西部劇出身でもあり、体質が少し古くてアクション映画からの脱皮が出来ない。タワーリングインフェルノでは競演して主演を取りますが、早くに亡くなります。

日本で、みんなショーケン大好き、ユーサク格好いいと思うのでしょう? 原型はハーパーです。原作はハーパーという名前ではありませんで、変えました。名前が同じだと2作目、3作目でも原作料払わないといけない。抜け目のない所がニューマンさんです。

それは得だったのかどうか? アカデミー賞の受賞が遅れておくれて「ハスラー2」まで伸びてしまう。もっとも、権力におもねっておもねって、ゴマ摺る手に豆を作ってもアカデミー賞が貰えない。そういう映画人もいるのですが(笑)

誰だって? そんな知りません、書けません。私は反抗のブロガーなんかじゃありませんから……読んで頂けて読者あっての、しがないブログの書き手です……探していたビデオが出てきました。これです! 下記の音声、聞いてみて下さい。

9/30(火)コラムの花道×町山智浩
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2008/09/930-543b.html

2008年10月13日 (月)

道元の冒険 演劇

「道元の冒険」とはいいますが、何かスリリングな事がある訳ではありません。自分の寺で座禅を組む道元と、その道元の前で劇中劇に演じられる道元の過去……それと無関係な結婚詐欺師の妄想、精神病と、3つの物語が平行して進みます。

詐欺師と今の道元を阿部寛さん、若き日の道元を栗山千明さん他が演じます。演出は蜷川幸雄さん、ただ今回はハデなセットも予算のかかった仕掛けも、ありません。井上ひさしさんの初期作品が元々、小劇場用で予算のいらない舞台なのです。

道元という人は戦国の世に、何も信じられなくなって、家を出て寺に飛び込むという設定になります。作者、井上さんはそうではなく、孤児院に押し込まれた訳です。外からの刺激は遮断されて、空虚な感じが強かったと思います。

私は病院暮らしが長く、それなりに理解できます。市外にある病院になると、夜は鬱蒼と暗い森が静まり、梟が鳴くような所です。見舞客もまばらに1年が過ぎる。40数年の前ですからTVも常時はなく、若い気持ちは焦燥とします。

現在の道元が座禅を組み続けるには、この焦燥感を表現していると思われます。能動的に生きたいなんて言えません。それは普通の事だからです。小学校を卒業したら普通は中学へ、学校が終ったら普通は社会へ、行くんです。それを行くと能動形でいいます。

病院では人生は来る。院外からやって来ます。井上さんの芝居はひょうたん島の昔から、基本は受動形です。いえ、どんなに飛んだり跳ねたりする演劇でも、基本は受動形です。一つの時間の流れでは足りず、3つの時間を一度に流して見せる。

病院では治る治らないが微妙な人もあります。すると勢い、信仰を始める人が多くなる。井上さんが孤児院に行かなかったら、こういう題材を考えられなかったかもしれない……幸か不幸か私は踏みとどまった。信仰はしませんでした。

今は小説もルポも大きく変わらない。調査して書きます。ちょっと前までは小説は、調査に重きを置きません。無論、ルポは調べないと話になりません。現地に行ったり人の話を聞きます。このくらいだろうとか作ってゴマかしたりはしません。

井上さんの場合は、言葉遊びや駄洒落で埋めます。それは才能と思われます。私は、その部分の能力が足りなかった。たいてい見たり聞いたりして埋めます。聞くというのは人間関係で、見に行くのは風景、社会や自然になります。

道元の冒険では、人間関係を受け容れるか拒否するかがひとつテーマになります。座禅を組む道元の前に様々な人間が去来します。道元は拒絶するともなく拒絶します。若き日の道元は中国で禅仏教を学びます。現代の私たちは簡単に拒絶もできず、簡単に学びも出来ません。

私たちは自分の現実と比較して、芝居を笑うことになります……あの結婚詐欺師は、強姦未遂か何かで捕まったのです。場面は精神病院になっていて、心配そうな妻に付き添われ、男は頭にドリルで穴を開けられる……いえ、治療を受ける事になります。

2008年10月12日 (日)

神の宿る水

「神霊狩〜ゴーストハンター〜」を観ています。2夜連続の再放送で一気見なら、行けるかも知れない。思ったのですが1夜目は疲れていて寝ました。録画もしなかった(笑)2夜の12回から後半を観ています。

場所が九州設定になっていてキレイな九州弁で入り込めました。アニメ内では「魂抜け」といっています。これは幽体離脱です。神霊は狩らないなあ。(笑)その離脱で空中飛行するシーンが、まずは売りになります。物語が始まる前に誘拐殺人事件があって、それは……

この事件が主人公たちにPTSDを残すとはいうが、実体はないです。ミステリにはなります。アニメ特有の思わせぶりで複雑に進行します。立花さん以降の臨死体験、生まれ変わりの話です。これは合理的な解決は出来ないと思います……じゃあ、どこが面白い。

飛び交う会話が細部は納得も出来ます。
「生まれ変わりをどう思いますか?」
「輪廻転生だね。虐げられた人のある事が説明できるので支配する人には都合がいい。ないでは説明がつかない所もあるが、そういったことに振り回されないで生きて行って欲しい」

神とは自然のこと、立花さんでなくとも感じる事です。物語全体がここに意識的で、全能感やサスペンスやミステリーを混ぜ混ぜ作っています。その辺はエヴァンゲリオンのエコロジー版といった内容で、似ています。死の受け入れですね。

今の若い人はこういう感じか? そういう所で見ています。先週は「君の名は」を見まして、これほど面白くなかった。佐田さんは気に入らない事があると、市役所を辞めてしまう。今はそんなの出来ませんが、そうしないと日本中を回れないのですね。

息子の貴一ちゃんも今や中年で「風のガーデン」あれは医師兼、患者を演じるんだ。あれも死の受け入れ……オヤジ観たり息子観たり。私も息子がガンで死ぬ年なのか、いればの話でありますが……60才に相応しい言動を取らなければいけません。何の話でしたっけ。

小泉八雲は熊本前後にムジナという話を書きます。タイトルはムジナですが内容的には、あの人もこの人ものっぺらぼう。どちらもムジナが演じている。これはあの人からこの人へと幽体離脱と取れます。ろくろ首は離脱途中の幽体という説があります。

ろくろ首の首がちぎれて、完全に首だけになって飛行するのが幽体離脱と解釈する訳です。八雲、ハーンさんは父に捨てられ母に捨てられ、目も悪くなった。問題ありすぎ、つまりPTSDから生まれた怪談好きと、私は見ます。

PTSDにはキリスト教が、あまり合わない。ドイツあたりがキリスト教教条主義からエコロジーに、連帯の主体を求めています。その辺のトレンドは似ています。神霊狩は神道を下敷きに、造酒の家が舞台になる。酒作りはエコロジーの内でもバイオそのものです。

私は呑むのは何ですが話でするのは、神道における酒の意味。士郎正宗という原作者名は、これはお神酒の名でしょう? 面白いですねえ。一概に、はぐらかしアニメとも言えません。

2008年10月11日 (土)

差別と劣等感

どこからか差別意識と劣等感というような、お題が出ております。
このブログで前に筋ジスに触れる書き込みをしました。読み違い、私からいうと書き違いです。(タイトルは「あつかましい」)
筋ジスの人から怒られました。私は間違いなく身障者ですが、寝たきりではありません。

筋ジスも重度の人から見ると軽度かもしれません。私は自分が、障害者を差別しないとは断言できません。配慮して言葉を選んでいるつもりですが、つい不用意な記載は、するかもしれません。先の筋ジスについても、コメントが来るまで判りませんでした。

先方の早とちりかも知れません。弁明しましたが再度のコメントは来ません。許して頂けたかも知れず、そうでないかもしれません。もともと差別というほどの事ではないかもしれず、あるのかもしれません。基本的には先方が決めることです……私ではない。

差別ではないと思って言ったりしたりした事が、相手への差別だと言われたら、それは差別になる。なると思った方がいい気がします。差別は外面的に、強者から弱者に向けて起こる物です。あるいは組織から個人の向けての不都合です。

ただ最近は、どちらが強者か弱者か判らない場合も多く。いわく言い難い時もあります。弱者が誰かに、普段に他者に向けてる感情が劣等感になります。劣等感があれば人間関係はうまく行くか? そうも行きません。劣等感はあればあったで関係はギクシャクします。

刑事コロンボは、バカ丁寧な口調で下手に下手に出ます。イタリア系で正統アングロサクソン系ではない劣等感の表現です。ただ証拠を握った時には嫌味、優越感の表現になる。自分の劣等感を逆手に取れば、優越感に浸る相手にしっぺい返しが打てます。

そうでしょ。座頭市物語、最初の頃の座頭市がなぜ愉快だったか。ニューヨーク市警のマクレーン巡査もそうでした……それは枚挙にいとまがない。劣等感とは裏返された優越感です。それ自体が悪いのではなく、どこでどう使われるかが問題です。

劣等感の処理には、障害を越えるための処世術のような部分もあります。自分で、自分を見る目を育てる。目が出来ていないから……そういう部分もあります。後、社会の流れから都合のいい部分を取り込む。悪い部分を取り込んで苦労する人も見かけます。

人間関係をうまく運ぶ事が先です。それがすべてに優先する。そして大胆な事をいうなら、大きな差別を撃つために、小さな差別は許されるかも知れません。私は言いました。自分より強い相手を差別するのであれば、それは差別ではないとも……

まとまらなくなりました。いつか日を改めて続けたいと思います。

2008年10月10日 (金)

ホームページ作成講座 第3回

講座は、素材集からの利用、画像の挿入を終えて、ロゴの作成、表の挿入というところを進んでいます。

私は講座ではホームページビルダーV8を、自宅ではV11体験版をいじっています。ちょっと差が大きく、円滑にはいかない。IBMに、
「V8体験版はないか?」と電話をかけてみます。予想どおりナイそうです。

それからそのIBMから電話がかかって来て、
「先の人物の対応はどうであったか?」の調査でした。電話対応は問題ないが……とお答えしました。

勝手な事をいうとすると、V8を使っているのに体験版を失くすのはどうか? 講師もあまり違わないというので、あまりか、かなりか、さっぱりか?

FC2にホームページスペースを確保してみました。
http://hatasan.web.fc2.com/
何とか、講習中の内容を出しました。「これはテストです」の断りを入れたはずが、どこかで消えております。

あとはホームページビルダーを調達しなければなりません。
どなたか使わない古いバージョンとか?
お持ちでない……ないですわねえ.

〇初心者入門記載 http://www.aimix.jp/