« 金糸梅 | メイン | ニュースによれば »

2008年5月25日 (日)

前立腺がん?PSA値で対応

人に前立腺ガンについて聞かれました。これについてブログを始める前の古い原稿が出てきましたので、ここにも出して置こうと思います。

「前立腺がん?PSA値で対応を」を書いた後、判りました 04.9.21毎日新聞20面から

おのむら医院小野村健太郎さん(内科小児科)前立腺がんの検査に関して、67歳の男性の妻からのお尋ねです。  
男性は尿が出にくくなり、泌尿器科を受診しました。尿の出は良くなりましたがPSAという検査の値が9で、更に検査をして悪い細胞が見つかれば、治療したほうがいいと言われました。「その検査がかなり痛いそうで、本人は尻ごみしています。その一方で『ガンだつたらどうしよう』と落ち込み、だんだん様子が変になってきました。どうすればいいのか教えて下さい」と訴えています。
薬院ひ尿器科病院、宮崎良春さん(福岡県医師会理事) PSAとは、血液中の前立腺特異抗原という腫瘍マーカーのことで、前立腺がんになると値が上がっていきます。正常値は4以下で、これ以上は異常値ですが、前立腺肥大症や採血した時の状態によって上がることがあります。4〜9はグレーゾーンで、10以上になったらすく検査することを勧めます。10以上では40〜50%の人にがんが見つかりますが、グレーゾーンでは10〜20%です。よってこの方はがんではない可能性の方が高いのです。
 次のステップとしては、前立腺の組織検査をします。現在のスタンダードな方法では、注射器のような細い針で6カ所から組織を取ります。肛門の外側から取るのですが、全国調査によれば「麻酔をしていない」という医療施設が30%ほどありました。
「あまり痛くないから」というのが理由ですが、私は「痛いだろう」と考え、半身麻酔をしています。本当にガンなのかどうかを確かめるためには、この組織検査をしなければなりませんが、この方の場合は麻酔をしてくれる病院を探されたらいかがでしょうか。
「どうしても組織検査はいやだ」というのなら、3カ月〜半年ほど後に再度PSA検査をし、値が上がっているようなら覚悟を決めて組織検査をしてください。下がっているようなら、前立腺肥大症など他の原因としていいようです。また、別の血液検査で検査の必要なし、と判断できることもあります。主治医などに相談されてはいかがでしょう。
 組織検査に要する時間ですが、私の病院では1泊2日でやっています。どうしても時間が取れない人は、日帰りの検査も検討します。結果が出るのは約1週間後です。
 小野村さん 「女性ホルモンをあらかじめ飲んで、がんになっても進行を遅らせる方法はどうだろうか」という相談がありましたが。
 宮崎さん しない方がいいです。前立腺肥大症の治療薬にある種のホルモン剤がありますが、これを飲むと中途半端にPSAが下がり、「がんを隠ペいしてしまう」と問題になりました。こんな方法をするぐらいならむしろ放っておいて、PSAを定斯的にチェックした方がいいと考えます。


医師によって、早い組織検査をいう人と、そうではない人に分れます。熊日新聞が報じた矢部町の例は、数からいって標準4以下の早い段階のようです。私などもガンは判るなら早いに超したことはないト考えます。
しかし組織検査が嫌がられているのも事実で、理由が「痛いから」だけでは……私の掛かりつけ医師に聞きました。
――痛いというので組織検査が嫌がられていますが、そんなに痛いモノですか?
「私もやった事ないんですが……医師の友人の時も痛みは話題にならなくて、特別に痛いとは聞いていません」ト、痛いとは噂にすぎないようです。 
他には理由はないか? 不安とは、もともと理由のはっきりしない漠然とした怖さをいいます……もし、そうなら話にするのもむずかしい。
 推測ですが「ガンだったら」死ななければならない。死ぬのは嫌だ。自分もそろそろ……状況がはっきりするのさえ怖い。で、だんだん変になる。
疑心暗鬼といいますが……ではないか? いや判りません!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18080868

前立腺がん?PSA値で対応を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿