« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

オウム真理教とムラの論理

熊本日々新聞社・オウム真理教取材班というのでピンと来なかったのですが、これ、中学時代に隣のクラスにいた人の本です。いえまあ、だから何だと言われても困ります。思い浮かべる顔のある本とない本では随分と違うもの、それだけの事です。

朝日文庫「オウム真理教とムラの論理」という本を読んでいます。信者はなぜ信じ入信したかを、取材した部分があって、これは面白い。今なお類型的なところでもあります。まず死ぬのが怖かったと言います。一人が家族が死ぬのを見てと言います。

つまり多数は空想で怖くなっています。死ぬと怖いという人があります。痛そうで怖い。魂がどこへ行くか判らない……あの世は行った事がないので迷子になるのが怖い……入院すると判る事があり、私は小学生で入院し、それから注射に種類があるのを知りました。

皮下注射と静脈注射の痛みの違いが判ると、大抵、注射は怖くなくなります。隣のベッドで人が死ぬと確かに怖いのですが、同じように何人か重なると怖くなくなる。そういうもんです。半分しか判らないから怖いので、少し理解が進むと……やっぱり怖いものは残りますなあ(笑)

だから、それだけとは言い切れませんが、体験が不足していて、それで足元を見られた……死ぬことは怖くありません。小学生でも対応できます。それはパソコンが難しくない幼稚園生でも学べる80代でもいける……それと似ています。

誰でも死ねます。痛くないか、魂はどうなるか、逃れられないものなのか? そんなバカを言うから麻原に足元みられて財産ふんだくられた。短絡的にまで判り易く言うとですが、そう私には読めます。

オウムやカルトは金鳥、カネとり主義です。それに見事にひっかかるのはネエ。麻原商売上手です。地獄の沙汰も金次第というのか、信者さんも安易に信じている。何でも売っている真理もカネで買える……血のイニセーション百万円でしょ?

どんなパソコンのワープロで書いても文は同じって知ってますか? ワードで書いた文と一太郎で書いた文と、新聞の折込チラシのうらに鉛筆で書いたあなたの文も同じですよ。死ぬ時に痛いくらいは我慢しようと思はなければ……それは小学生にでも判ることでしょ?

麻原、見えないので苦労したらしい。それでそういうシステムを考えたのでしょう。ヨガのポーズを教えるように超能力を教える事にしたのでしょう。元はヨガの教習です。そういう意味では大した事はない。品のなさが教えに出ていて、ちょいと余裕があれば足元を見返すことも出来たと思うのですが……

宗教を信じるかについて、最近、調べた記事を下に出しています。宗教心あるなしというより、単に無知です。品物だったらデパートに見に行きますでしょう? お寺に行って「私は最近、死ぬのが怖い。どうしたらいいでしょう?」くらいの事は、聞いたらいいのです。

それも嫌なら友人の葬式から帰る、坊さん捕まえて、立ち話したらいい。百万も取らず、ヒントくらいならタダで教えてくれます。麻原のように、ぼったくりません。麻原は逆に死ぬのが怖くなる事をいってます。それを聞くと生きるのも怖くなるんです。

怖くないです。痛みも我慢できます……少し勇気を持てば正面突破できます……それが出来ないのでは? 自分にだけ我慢ができないのでは? 超能力でゴマかそうと思う。だから麻原の術にはまる事になります。そう、カルトの第二のキーワードは超能力です。

○宗教を信じるか http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080529-00000063-yom-soci

2008年5月30日 (金)

表層漂流

表層漂流というタイトルだけを思いつき、よくよく考えないで書き始めています。TVを見ていると癒しやヒーリング系のCMが目につき、行動を促す内容が足りない気がする。つまり混迷をくぐり抜けるキーワードは主体性でしょうか?

しかしそれがまあ私にも難しい。プールに行ったついでに中古CDを買うくらいしか、主体的に選べてません。3枚組100円という必殺大特価、映画「アマデウス」のサントラ版。DVDで、すでに聞いたものを、また自動車でも聞こうと買いました。

このようにシケモク拾いのような買物はよくない……判ってはいるのですが新しいCDは何を買っていいのか?(笑)そういう傾向があります。もう少し高いCDも買うには買うのですが基本的にクラシックです。クラシックは買う側があきれるほど安い。

パソコンにVistaに入れ替える気がしません。最近、動きの重くなった分は、メモリ足してしのごうと言うコンタンです……店で見ると新製品はサクサク動きますが、それはウイルスソフトが入ってないからで、家であのままソフトなしの訳には行かないです。

マイクロソフトは来年にも新ウインドウスを出すらしいですね。販売継続が期待されるWindows XPについては、低コストマシン向けのみに「Home Edition」が継続して販売なのだそうです。

私は写真を撮るにも相手に断れない。
「撮っていいですか?」断って撮って、出していいか許可を取るのが本筋です。そんな許可の簡単に出る時代ではなくなっています。後姿の時雨れていくか、ト詠んだのは山頭火でしたっけ?

今は時の雨ではなく梅の雨ですけどね。人生のすべての事に消極的に対処していく訳です。時代は変わっているのに社会は閉塞していく、逆ですか? 社会は変わっているに時代が閉塞する……ただ温泉とエステに励むほかない。

この現象に表層漂流と名前をつけてみます。タンポポの綿毛のように旅に出ようか。ここではない、どこかに向かってみないか? どこかとは怪しい衝動であります。ここでないどこかに何かあると、ランボーのように信じてみるのです。

それが仕掛けの割れた手品のようにミエミエでも……関西の太った男はダイソーの包丁を2本もって花園神社に向かったそうな……女子高生は画鋲をもってマツモトキヨシに回ったそうな……ここではないどこかに吸い寄せられます。

癒されていますか。温泉に行きたいですか……あなたは表層漂流の漂流民ですか? 隠したってダメですよ、あなたのお尻に付いている。タンポポの綿毛のそれは漂流者の証ではありませんか。あなたは殺意を隠してませんか。

ダイソーで買った百円の殺意を隠し持って、いませんか? この先をくぐり抜けるには主体性が必要です。癒しやヒーリングでは内容が足りません……あ、いけない、内容が足りないのは私の文章でした!

2008年5月29日 (木)

後姿のポートレイト

後姿には問題は少なかろうと勝手に解釈します。むろん後姿にも肖像権はあって、けしからん消せと言われれば消します。消しますが、後姿の人の風情に反応してシャッターを切ってしまう。カメラマンには本能に近い物があります。

なぜ撮るか、理屈で説明できません。説明できない何かを感じるからシャッターを切ります。それが何であったか、あとづけになります。都合によって後でつけた理屈は、あまりあてになりません。昨日は後期高齢者の記事に合わせて択びました。

昨日の記事は身障者の話です。写真も身障者で、合わせなくてはならないのですが、難しい。ぴったり合わなくとも近い線でまとめます。今日の写真は母子、2ショットか乳母車を入れたものか。迷いましたがこちらにしました。

ついで、言ってしまえば老人に比べれば子供は劣遇されます。街にデイサービスはあるけど託児所がない。お母さんは仕事に出られない、そういう声は聞きます。デイサービスの公規格が比較的ゆったり作られるに対し、託児所の公規格はキチキチで余裕がない。

そういった事々が少子高齢化に結びついたようで、流れは自然に出来たのではなく、社会的に作られた側面もある。どんな時も両立が一番いいのですが、大抵、あちらかこちらかの選択になります。日本の場合も儒教的な影響が強い。

今は韓国、これからは中国も脱儒教のグローバル化が課題となります。そうしないと国際化したと言えない。子供が育っていない社会では、端的にいって子供をゆるやかに虐待している。育たないようにしている。そう言われても仕方がない。

身障者の場合にも出来ちゃった結婚の例がないではないが、比較的少ないです。圧倒的に少ないと言ってもいい。経済、その他の不安材料が多いからで、結婚されても子供は2の次という方も少なくありませんでした。

私などもいい年をしたひとりもの、後ろ指はさされてましたが……こればっかりは仕方がない。いや反対の人もいるのです。生活保護を取っての子沢山「何人、作れば……」と町内から後ろ指をさされたそうです。

私は別な意味で立派と思いますが。どっち道、人はいろいろ言うのです。こちらにはこちらの人生がある。かまってなんかいられない。まあ、せめて一枚の写真にして今日、この問題を考えておきたい。好きこのんで肖像権を犯そうというのではありません。

この写真は実は私という、お母さん、よければ何処の誰ともつかないあなたで居て下さい。このような理由でお撮りしましたが悪気はありません。ただひたすらご勘弁を……

2008年5月28日 (水)

65才障害者は移行しないが……

65才以上の身障高齢者は取りあえずですが、国民健康保険に留まり後期高齢者に移行しない方がいいという話です。その根拠は下記に上げる、毎日新聞の記事によります。ただ身障者もいろんなケースがあり一般化は出来ません。

山形県寒河江市では移行した場合としなかった場合の、保険料を比較できるフローチャートを作ります。これは普通、一人で見ても判りません。ただ「保険料と医療機関にかかる頻度を考えると、移行しないが得」と移行を取り消した人がいます。

毎日新聞では市町村で説明がばらばらと書きます。熊本市の場合はどうなのか? 窓口で問題に詳しい人を、と説明を求めます。ベテランに代わって来られたのは以外にも若い女性です。
――こういう記事が出ています。熊本市の場合はどうですか?
「一般化はむつかしいので個別に説明しています」

熊本市ではWebには出していません。
「私も寒河江市のWebは見ましたが、個別性が高くて……」
説明に客観的な下敷きが公開されればいいが、されない場合は後で問題になる可能性が高い。現に「不公平ではないか」という声を毎日新聞は拾っています。

――いったん決めた後でやり直す事は?
「出来ます」
熊本市役所5番窓口、判らない人は相談に行って、それから決めて下さい。新しい制度に関してはベテランが、あてにならないケースも出ていると思って下さい。

それでも判らない人は取りあえず、国民健康保険に留まり後期高齢者に移行しないの判断が多い。毎日記事はそう暗示して、私には読めます。しかし身障者もいろんなケースがあり一般化は出来ません。

◇市町村で説明方法ばらばら
http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200804/485.html/赤>

2008年5月27日 (火)

ニュースによれば

ニュースによれば容疑者は平常には大人しい人で、そのような犯罪に手をつけるとは思えなかった……そういう意味の事をいいます。このような犯罪が多くなったのか、前からあったのか? 日本が平和なので目立つだけ、そういう説もあります。

猛々しく荒々しい、そういう犯罪にふさわしい人だけが犯罪者であれば、私には関係がないと垣根が立てられる。そう自分の部屋にこもれば安心が出来ます。快適な暮らしを温存したい。そして今年と同じ来年、10年後をも願います。

私も足の調子がよいとだんだん、そういう心境になります。悪いというと1年後か3年後か、手術をしたがよいのでは……日本での、特に熊本県内の手術技術の発達を願い、北欧並みの福祉社会の実現をとも思う訳です。

北欧で後期高齢者は割と幸福です。ただ日本ほど長寿かというと、そうはいかない。身障者もそれに準じます……本で読んだ限りでは、そうです。行った事はありません……では、30代くらいの若い人はどうか? そうはいかないらしい。

「天から金は振って来ない」舛添厚労省大臣は言います。
後期高齢者医療に対応できる金額を消費税にすると1%で、医療費増大0.5倍分が担保される。たとえば医療費が倍に増えて2倍になった時、それを消費税でまかなうとすれば2%上げなければならないという、大雑把な計算です。

私の手術は両股関節を人工にする事になるでしょう。多分ですが、これを自費でやるとなると、これも多分、予算が足りない。愛車を叩き売って片関節しか出来ない可能性があります。しないよりはいいが、それは辛い事になります。

確かに天から金は降って来ないにしても、歳も歳でありながら自分の障害を自分で賄う事ができない。これは切ない事であります……まあ、そういうお話でありまして、グルコサミンが効いたか、私の手術は幸い遠のきました。

私と同年輩の人が家族を殺したり、息子や娘に殺されるニュースを聞くと首が竦みます。いい歳をした金食い虫は粛清か……子供や若者の将来という考え方があり……あと10年生きても生きなくとも大差はない。

首を竦めて辺りをうかがい。回りの静かな人々の様子をうかがう。ニュースが怖い……ただし申し上げて置きます。天下り先を運動したり法外な退職金を取る、政治家や役人は要りません。マッサージチェアのある施設や、空き部屋ばかりの官舎も要りません。

それどころか衆参両議員ともあんなに数いらないと思います。今の半分でも、まだ多いのでは……そういう節税して欲しい。それからでしょうね、消費税を上げるのは!

2008年5月25日 (日)

前立腺がん?PSA値で対応

人に前立腺ガンについて聞かれました。これについてブログを始める前の古い原稿が出てきましたので、ここにも出して置こうと思います。

「前立腺がん?PSA値で対応を」を書いた後、判りました 04.9.21毎日新聞20面から

おのむら医院小野村健太郎さん(内科小児科)前立腺がんの検査に関して、67歳の男性の妻からのお尋ねです。  
男性は尿が出にくくなり、泌尿器科を受診しました。尿の出は良くなりましたがPSAという検査の値が9で、更に検査をして悪い細胞が見つかれば、治療したほうがいいと言われました。「その検査がかなり痛いそうで、本人は尻ごみしています。その一方で『ガンだつたらどうしよう』と落ち込み、だんだん様子が変になってきました。どうすればいいのか教えて下さい」と訴えています。
薬院ひ尿器科病院、宮崎良春さん(福岡県医師会理事) PSAとは、血液中の前立腺特異抗原という腫瘍マーカーのことで、前立腺がんになると値が上がっていきます。正常値は4以下で、これ以上は異常値ですが、前立腺肥大症や採血した時の状態によって上がることがあります。4〜9はグレーゾーンで、10以上になったらすく検査することを勧めます。10以上では40〜50%の人にがんが見つかりますが、グレーゾーンでは10〜20%です。よってこの方はがんではない可能性の方が高いのです。
 次のステップとしては、前立腺の組織検査をします。現在のスタンダードな方法では、注射器のような細い針で6カ所から組織を取ります。肛門の外側から取るのですが、全国調査によれば「麻酔をしていない」という医療施設が30%ほどありました。
「あまり痛くないから」というのが理由ですが、私は「痛いだろう」と考え、半身麻酔をしています。本当にガンなのかどうかを確かめるためには、この組織検査をしなければなりませんが、この方の場合は麻酔をしてくれる病院を探されたらいかがでしょうか。
「どうしても組織検査はいやだ」というのなら、3カ月〜半年ほど後に再度PSA検査をし、値が上がっているようなら覚悟を決めて組織検査をしてください。下がっているようなら、前立腺肥大症など他の原因としていいようです。また、別の血液検査で検査の必要なし、と判断できることもあります。主治医などに相談されてはいかがでしょう。
 組織検査に要する時間ですが、私の病院では1泊2日でやっています。どうしても時間が取れない人は、日帰りの検査も検討します。結果が出るのは約1週間後です。
 小野村さん 「女性ホルモンをあらかじめ飲んで、がんになっても進行を遅らせる方法はどうだろうか」という相談がありましたが。
 宮崎さん しない方がいいです。前立腺肥大症の治療薬にある種のホルモン剤がありますが、これを飲むと中途半端にPSAが下がり、「がんを隠ペいしてしまう」と問題になりました。こんな方法をするぐらいならむしろ放っておいて、PSAを定斯的にチェックした方がいいと考えます。


医師によって、早い組織検査をいう人と、そうではない人に分れます。熊日新聞が報じた矢部町の例は、数からいって標準4以下の早い段階のようです。私などもガンは判るなら早いに超したことはないト考えます。
しかし組織検査が嫌がられているのも事実で、理由が「痛いから」だけでは……私の掛かりつけ医師に聞きました。
――痛いというので組織検査が嫌がられていますが、そんなに痛いモノですか?
「私もやった事ないんですが……医師の友人の時も痛みは話題にならなくて、特別に痛いとは聞いていません」ト、痛いとは噂にすぎないようです。 
他には理由はないか? 不安とは、もともと理由のはっきりしない漠然とした怖さをいいます……もし、そうなら話にするのもむずかしい。
 推測ですが「ガンだったら」死ななければならない。死ぬのは嫌だ。自分もそろそろ……状況がはっきりするのさえ怖い。で、だんだん変になる。
疑心暗鬼といいますが……ではないか? いや判りません!

2008年5月24日 (土)

金糸梅

                  
一昨日まで蕾だった金糸梅が、ぽつぽつと花開きました。金糸梅は梅雨時に咲く花です。今年もそろそろそういう季節です。花びらがそこはかと頑丈な作りで、どこからか来た植物と思いますが、どうも中国からの外来種らしい。

金糸梅とは本来どういう意味かは知りません。熊本ではキンシは禁止でバイは「だよ」の意味があります。「キンシバイ」というと「禁止だよ」いけないよ。そういう意味になります。中国ではどうなのでしょうか。

その中国はオリンピックどころではない大地震で、気の毒な状況です。それともそれ、これはこれという国柄でしょうか……それとも無関係に花は咲きます。そして日本に梅雨は来ます。どんな事も地球の一巡りは止められない。

餃子も食べないと関係ないように見えますが、意識しないだけで国は近くにあり続けます。デジカメを買ったので知らない花を撮って来て、名前を調べ由来も調べ、ブログネタにします。別に金糸梅を引き合いに出さなくとも、こうして書いている漢字だって中国伝来であります。

カタカナ、ひらがな、ならば日本製かというと、漢字を元にしてあるので「あ」は「安」から「ア」も多分そうでしょう。「い」は「以」です。「イ」の作りにも似てます。「う」は……もういいですか? 字はなんとなく表面的ですが、中国がすぐ側にある事は字でもいえます。

餃子は暫く止めにするとしても、漢字を止めるのはかないません。困るでしょうねえ。物を買ってもレジを通りません。領収が出ませんから文房具店でもモメますよ。
「会社のボールペン? そのくらい、あなたが自分で買いなさい……あなたの会社でしょ」

「嫌ですよ。私は字を書きたくない……領収だってレシートだって出したくない。昨日も出さなかったんだから、当分だしません。ボールペンが売れなくても死にはしないんだから」等と文房具店が混乱します。

「大体、ボールペンで何をする気ですか? 字を書こうなんてよくないコンタンですよ、およしなさい」お客も黙っていません。
「およしなさい、って。いらないお世話ですよ」
「ほら、あなた字を書く気でしょう?」

「いいえ、字は書きません。絵を書くんだから売ればいいでしょう」
「絵! 絵と来ましたか」
「そ、そうですよ。あんたも絵で領収を切りなさい」
絵で領収を切るはめになった文房具屋さんも大変です。

「あなたは人に漢字を書くなとか言って……あれはなんですか。表の花壇は金糸梅じゃ、ありませんか」
「そう、何の花だっていいじゃないですか」
「いいえ、いけません。あれは中国伝来の花です。お止めなさい」

「そ、そうなの? 本当に? 本当なら困ったね」
「いけません。あなたがいけない。禁止ばい」
お後がよろしいようで。

2008年5月23日 (金)

テストその2

昨日のブログにはアッシュさんが、ご心配のようですが、当たりそうです。

でも蝶のこんなポーズは、皆様、見たことがないでしょう? それとも何が何だか判りませんか?

2008年5月22日 (木)

テスト撮影




















デジカメA590での第一回撮影、例によって蝶です。
モンシロチョウはありきたりの蝶ですが、場面によってはやはり怪異と思われます。静かに何も動かない風景を歩いていると、脇で白い物が沸き立つように飛びます。場面によってですが白は異様にも見え、驚きます。

ありふれた蝶のありふれない場面です。基本的にはエジプトのスカラベと同じ意味になります。魂とか霊とかが、あるものかどうかは知りませんが、何もないと思った場面で脅されるとそういう連想もあるでしょう。死と再生とは、そういう意味です。

もうひとつ、蝶は芋虫からサナギを経て蝶になる。死んだように動かなくなり、そして脱皮、飛躍の時を迎えます。寝る子は育つ。寝ない子は飛躍できない……か、どうかは知りませんが、同じ事を何年も繰り返すのでは飛躍には結びつかない。

人もまた死ぬことで生きる時があります。死が生であり生とは死にすぎない場面もありうる……いえ、この撮影場所には死臭がありましてね。野良猫の死体があったのです。

2008年5月21日 (水)

雨の美術館で

展覧会は県立美術館本館、定休日を除いて6月15日まで、吉村作治先生のトークショー等は、この後5月30、31日に予定されています。問い合わせは352-2111まで。

雨の中を美術館に向かいます。雨には死の意味があると書いたのは漱石ですが、それは小説の中の事……現実での意味はありません。まつわり付く湿気は春といえども、うっとうしく、いえ美術館での障害者の日が、今日と聞いたのです。

吉村作治さんの発掘展は見て置かなければとは思うものの、あまり得意分野ではなく、まだ行っていません。雨だから身障者がゾロゾロは無理と思いながら、一応カメラを下げて行ってみます。これ、ブログねたになるかなあ。

「生」はそれほど楽しい事ではない。私がそうなのか、身障者がそうなのか? 入院していた頃の事を思えば、雨の日だろうが何だろうが、嘘のような気はします。私の今日の生は、ミイラたちが生前に願った永遠のように、私には感じられます。

この所、足が痛くないのでそういう感じがします。ピラミッドの中の王侯貴族にとって、生のあの世の向こうまでも延長を願うような、楽しいものだったかどうか? その辺になると、私はどうも判りません。

判っているのは墓泥棒、それに類する人にとって他人の死と願いとは、金にすぎない。あの世を願う人はミイラ処理に金を出し、副葬品に金を出す。石切と運送と彫刻や装飾にも金を出します……今、私はそれを見に行くために金を出す。

いえ身障者は無料ですから、私も「見」泥棒と言えない事もありません。吉村さんは掘り出した物は研究に使うほか、全部をエジプト政府に返しておられるそうです。美術館内に入ると一人、知人に会いましたが身障者は、ほぼ来られていない。

「よければ案内しましょうか?」と言われるのはK岡M子さん。
キャリアウーマン風のスタイルで、解説も水際だっている。解説ボランティアではない気がします。その辺は聞きそびれました。
「スカラベ、シャブティという小像、指輪やイヤリングの装飾品も焼物が出ています」

――これらの焼物は上薬を使ったのでしょうか? それとも素焼きに色を塗っているのか?
「上薬って何ですか?」
――2度焼きです。薬をかけて焼いたようにも見え、素焼きのようにも見えます。
「素焼きです。だと、思います」

そのうちツアー客の数が増えて来ます。私も質問は控えます。若い時は一瞬、人の命さえ長いものではない。それに比べれば焼物や宝石は永遠です。スカラベの甲羅は黄金にキラキラと輝いたものでしょうか。

土の中から這い出して空に向かって飛び立つ、ありふれた虫です。それを指輪と合わせて副葬したエジプト人は、どちらにも同じ意味を見ました。再生して魂は古い体に帰って来る……そう考えるには、私の足はいまひとつ、よくない(笑)

K岡さん、あなたのガイドはとても面白かったです。外に出ると雨は降り続けていました。展覧会は県立美術館本館、定休日を除いて6月15日まで、吉村さんのトークショー等は5月30、31日に予定されています。問い合わせは352-2111まで。