« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

こんなハガキが来ます

この写真の綴じ込み式ハガキをご覧になった事がありましょうか?
第一印象がアヤしかったのですが、中を空けてみて、やはりアヤしかったのです。読んでも意味がつかめず、何の事か判りません。結果から先に言うと、これに返事を出すと高級ワインの勧誘に来ますという内容です。

(後ろで小さいのは返信用の綴じ込みハガキ)

聞くところによると変形性股関節症に酒はよくないのであります。いえ、よらなくとも私の足元はアヤしいので前から酒はあまり呑んでおりません。酒っ気はなくとも文章を書いていくと、自分で自分の文章に酔うと言う、ナルシズムの気が……おっ、おっ、お。

おっほん。そういう事はありませんが……ハガキは一体、何であろうかとネット検索すると出て来ます。ピーロートジャパンという酒屋さんであります。ハガキが来てない人は同社を検索しネットから申し込みが出来るそうです。

それで当ると担当氏が二人連れになって、高級酒の勧誘に来られるそうです。私はまだ返事を出していません。これを機に酒を再開するか? やはり止めて置くか迷っています……このハガキで申し込むと抽選なしで来られるようです。

私、Webのアンケートは書いてません。だってこのハガキで、まだ迷ってますもん。今は酒、安いんです。百薬の長とばかりはいかない事が次第に判っています。脳に悪かったり骨に悪かったり肝臓に悪かったり……見えてきましたから。

はっきり悪い物を続けて行くと、人に共感されなくなります。体、悪いからほぼ毎日プールに行きます。誰も、税金の無駄とは言いません。「エライ」と尊敬される程、別にそれ程はありませんが、それに近い視線が来ます。

晩飯の後は酒、休日は朝から呑む。そういう暮らし方は、最近、判ってきた事実と合わない。そういう人は他人に尊敬はされないのです。つまりビールも焼酎も安くしないと売れない事につながります……私個人としては都合のいい風潮です。労せず尊敬に近い評価を受けます。

ただ、それでなおストレス管理がうまくして、酒でストレス調節しなくていい。それは私の技術です。酒がないといられない。酒を呑むとタバコに手が伸び……そういう人がいるんです。先日、プールでタバコのんでる人を見かけました。

聞いたら隠れタバコですって。その人は本数が少ないですが50代にもなって問題は出ていて、シャワーを浴びながら痰を出す音の大きいこと。やっぱりストレス管理が大変です。COPDと最近は言われていますが、この人もその気があるんです。

ストレス管理は難しい。その挙句にハガキに迷う事になります。さあ、どうしよう出すべきか出さざるべきか、それが問題だ。To be to be ten made to be……

○「気まぐれ何でもメモ帳」〜ピーロート・ジャパンの事〜
http://blogs.dion.ne.jp/yumenoya/archives/4110829.html

2008年3月29日 (土)

常田富士男さん

3月29日は常田さんの朗読と公演の日でした。
常田さんは昔話で有名になり、この日もその所から……今回は人権啓発協議会、公募紙芝居の発表会の色彩が濃いのです。

むかし赤テントで唐十郎さんとの芝居を観てます。そっちのケもある人で……誤解のある表現だなあ。前衛俳優という意味です。発表会で時間とられて、メインに持って来られた話は流れます。

スタッフの打ち合わせ不足がありまして……急きょ、予定変更になります。童話なぞなぞと引っ張って……会場は若干、子供たちもあり、やらない訳にはいかない。すぐ退屈して寝るんですが……印象に残ったのは別役実さんの書かれた話です。

眼が一つしかない猫、尻尾のない猫がいるように、何もない猫がいるんです。……あの、そういう話です。存在のない猫は誰にも認めてもらえない。母猫にも兄弟にも仲間にも……その他の何事に関しても、何もない猫もやがて年を取り、自分の死を悟る訳ですが、最後に月を観たいと思うのです。

ところがその夜は曇り、月が出てこないばかりか、朝方になって雨が降ります。何もない猫は町外れの丘の上を死に場所に決めていたのですが、その家の花壇の中で死んでしまいます。家の女の子が朝に出てきて、その猫の形に雨の降ってない土地、花壇のその部分を見つけ……

猫が死んでいるのが判るという話です。別役さんの話はこのように幻想的で独創性が高い、人によっては難解とされます。1937年生まれで別役さんと常田さんは同じ年だそうです。

人権啓発市民の会に、この話を当てられる所に常田さんのセンスが感じられるのです。それにしても常田さんの最初に予定された話、聞きた〜い。市長、あなたの長あ〜い挨拶で、出来なくなったのです。
もう一回、常田さん呼んで〜ぇえ。(笑)

休んでいました

しばらく休んでいました。体調が悪いというのは熱が出るのではありません。いえ出る時もあります。そうすると病院に行きますが、出ない時は行きません。若い時からそうで、昨日まで最近にない不調でした。プールにもレンタルDVD屋にも行かずの毎日でした。

おかげでコーヒーが全く底をついてしまいます。コンビニにはある訳ですがコンビニのは不味い。つまり自由は効かないのに効いた頃と同じ思いを持って、勝手な事を思う訳です。そういう勝手ばかり書いても仕方がありません。

死にたいので人を殺すという、若い人の事件が2つありました。私もそうですが老人は、ここの感覚が判らない。「怪しからん。迷惑この上ない」みたいに言います。「ブラックジャックによろしく」精神科編で、付属池田小学校事件が取り上げらました。

1つに事件は、あの小学校事件を引いています。計画や準備がある所から病気患者ではない。戦争か人殺しのゲームに凝って、ゲームから最近の傾向から、おかしな風に学んだ気配はあります。歳をえると死への理解も進むように、漠然と思いますが違います。

容疑者は実年令ほど常識、学びが進んでいないようです。夏休みの終わりが近くなると、いよいよ熱心に遊びまくる子供がありますが、 あんなもんです。宿題の整理をしようという子は無論いますが、全員がそうする訳ではありません。つまり容疑者は宿題忘れのままです……あなたは容疑者より、もう少し死に近くなった訳ですが宿題すすんでますか?

岡山駅事件は就職、再就学の可能性が薄い事を知り自棄になった。ないしは八つ当たり復讐の色も見られます。今、就職を最終勧告と受け止める人が多く、広い意味では似ています。具体的な事を避けては現実も広がらないと思うのですが……

何時だったか。脳梗塞で死に損なった歯医者さんの講演を聞いた事があります。脳梗塞で危ない、発作の最中に歯医者さんはどうしたかと言うと、神に祈ったそうです。
「それは仕事上で親しいキリスト教の神か。その前から信じておられた仏教の仏なのか?」会場から質問が入ります。

「それは判りません。死ぬと思う時には神の区別は考えません。私は僻地に行って歯を入れたいから……もうしばらく生かして欲しいト祈りました」正直というよりシンプルな方であります。回復後、この歯医者さんは病院を息子に譲ります。

そして祈った通りに、あまり金にならない入れ歯を作って回るのです。会場から元、歯科開業医の具体的な質問が出ます。
「私は明日、五木に行って診察して回りたいと思います。失礼ですが、歯科医をされていたのなら、ご一緒されませんか?」講演の歯科医はそう答えます。質問の歯科医も行くという事で、疑問は解決します。

死への疑問はそういう形で答えられました。死とは何かとか、そういう答えようのない疑問を持たれる人がいます。宗教的な答えというか、自分の死について人に聞きたい訳です。私はそういう答えは世の中にはないと思います。もし誰かが答えたとしても、それに満足できないでしょう。

多分ですが、どんな答えにも満足できない。漠然と、そんな前提があって聞かれる気がします。死への疑問は実際に生きる事でしか答えられない。誰かを殺したとしても、それは誰かの死でしかない。自分の死ではない訳です……不調の最中に、そういう事を考えていました。

2008年3月25日 (火)

休載

体調不良につき休載します。

2008年3月23日 (日)

変形性股関節症その後

変形性股関節症は症状名で、病気、病名は関係ないです。一般に対策として体重調節、低周波治療器とグルコサミン等が有効とされ、酒とステロイド剤がよくないとされます。個々には病状バラバラなので症状ではくくれない部分もあります。

たとえばステロイド剤も色々あり、痛み止めにもあります。短期的には効きます。痛みにはむろん有効ですが、長期で見た場合、骨の変形に加担します。何にでもある一長一短が、ここにもあります。薬としてだけ効く薬が理想ですが、現実にはありません。

非ステロイド系の痛み止めで止まって欲しいです。変股症の症状はだいたい長期に及ぶもので、悩ましい問題となります。痛みに耐えるか手術に踏み切るか、そういう所からも判断はむつかしい。

もうひとつ、グルコミンサンは蟹から作ります。ところが甲殻類は一番のアレルギー源となっています。周囲に蟹や海老のアレルギーの方があると思います。厚労省は最近、加工食品への甲殻類表記を義務付けました。

同剤を食べている方でジンマシン、かゆいその他アレルギーが出るようになった方は、グルコミンサンも疑って下さい。また、これからグルコミンサンを食べようとする方は甲殻アレルギーの人は考えて下さい。切羽詰った痛みから大量に食べるのも賛成できません。

私の場合、アレルギーはないようです。グルコサミンによる好転があります。なかなか油断は出来ません。私の利用食品はユウキ薬品の「らくらくグルコサミン粒」30日分700円になります。TV等によく出る高価なものは使っていません

2008年3月22日 (土)

黒亭のラーメン

どんぶり型の湯かけて3分、いえ4分のラーメンです。ついに出たのを食べたのですが……うまかったですよ(笑)
熊本のラーメンは豚骨です。醤油や味噌もないではないのですが、まず地元ではない。気候とからみ、こってり好きの市民嗜好は豚骨しかないです。

元は博多長浜あたりと言われますが、これが南下して久留米あたりで豚骨化したとされます。長浜ラーメンはスープが澄んで味も軽いのです。長浜式スープを作るつもりが煮すぎてドロドロになったのを。作り直す時間がなくて食べてみると……

その味をヒントにとんこつが出来ます。いえ地元TVのRKKが調査してますので、ほぼ間違いない。ラーメンはなお南下します。そして熊本に来た時、大きく広がるのです。そもそも食品店の味は一般に秘密です。

久留米の煮過ぎラーメンを店外不出にせず教えたのです。誰もが食うに困った時期に、比較的、安く自立できる方法としてのラーメンを教えた。安くおいしいものはラーメンしかなかった昭和20年代末、それでドンドン南下、熊本での広がりという事につながります。

長浜のラーメンは西にも行ったと思うのですが、長崎にはチャンポンがあってラーメンの余地がなかった。熊本からラーメンはなお南下して鹿児島に向います。鹿児島ラーメンは鹿児島の県民性が出て、またちょっと違います。

先に書いたように私もそうなのですが、熊本はしつこいのが好き。市民性にも合ったのです。熊本では「こむらさき」という店名が先行します。これは書いたような意味でチェーン店です。店はいっぱいありましたが上下関係ではないのですね。

こむらさきラーメンが先にあって店主が友達の、未亡人にラーメンを教えます。つまり後の黒亭の女将になります。女将はどんどん腕を上げ、元のこむらさきの味を超えてしまった。これはある意味で一般的でしてね。旦那が作るラーメンにはムラがあるんです。

しかし旦那が作ってるのを見て、どの女房も覚えます。女将さんが作ると味が平均化します。主導権が女将さんに移ると、店内もキレイになるんです。ラーメンブームで女の子も行くようになります。黒亭は代表的に行列の出来るラーメンになります。

こうして見るとラーメンには民主主義的な流れがあります。テイクアウトというのか、黒亭では生めんの家で作るラーメンも早めに出来ました。桂花、味千、山水亭がライバルなのですが、こんどのコレ、お湯かけ4分は黒亭が熊本では一番乗りでしょうか? 

この店、電話番号は載ってないけど住所があります。熊本市二本木2丁目1−23 黒亭。ネット地図で検索すれば出ますね。あー、ネット地図には電話番号も出てます。

2008年3月21日 (金)

ラッセル・クロウの危ない眼

リドリー・スコット監督もクロサワ好きか、まさか! そう思って打ち消すのですが、一度思いついた事は消えません。いえね、先日BS放送されたグラディエーターを見ていて、ラッセル・クロウさんの眼技が三船さんを思わせるのです。

封切り時に見た時は、これはベン・ハーだろう。暗くまとめたベン・ハーと解釈したので、そういう風に見ていません。ただリドリーさんはブラックレインがありまして、その辺から見られない事もないのです。リドリーさんの主題は異文化の衝突です。

それを簡単に図式化をしますと、非常識で執念深く追っかけて来る決闘者、レプリカント、またエイリアン、ある時は松田優作、またある時はハンニバル、またある時はソマリア人……ほとんど同じ意味合いが感じられます。

もう少し加えますと、ブラックレインは優作さんだけが悪役ではなく、意味不明の日本そのものが、米人には悪役に見えるのでは? 目前の敵、自分たちの中の敵、つまり組織の要請との戦い……2重構造の閉塞に、どう自己を見出すか? それがリドリー世界の主題になります。

リドリーさんにかかると通常の悪の意味を超え、魅力と輝きが感じられる存在になります。すると存在を支える根拠、リアリティが必要になります。悪の必然、哲学、今は心理学というべき必然です。それがないと心にすっぽり納まりません。

用心棒での三船さんはボコボコにやられ逃げ出し、復活して復讐戦を挑む筋立てになります。主演のラッセルさんはそこに拘り、脚本を変えさせたトされます。クロサワを離れた三船さんは、上意討ちなど、藩主に逆らう剣豪役に張り切ります。

ラッセル・クロウさんのアウトサイダーぶりは、この後期の三船さんをなぞっているようで興味深い。それがリドリーさんの映画志向に期せずして重なった。ニヒルではなく執念です。それが独自性となり映画の勝因にもなったのでしょう。

これは当初、スピルバーグ監督の登板予定だったそうで、それで異例の制作費が下りたんです。スピルバーグさんがなぜ降りたかは想像が付きますねえ。筋立てがハッピーエンドから遠すぎて合わないのでしょう。

三船さんはTVの用心棒に移って、映画では原田芳雄さんあたりが代わってがアウトローを演じます。漫画でその辺を意識したのは、子連れ狼です。映画ロード・トゥ・パーディションは、その子連れ狼を原案としたと言われます。路線は似てましょう?

会社や上司に受け、自分の月給も上がるという訳にいかなくなった社会の反映と……私は思うのです。もう省略しますが、仏映画にもこういう邦画との関連があります。今の世界の閉塞が、20年前の日本の閉塞と同じものか? 怪しいのですがね。

復讐にニヒルではない意味を持たせようと、ラッセルさんは奮闘した気がします。DVD版は劇場版より17分ほど長いそうです。

2008年3月20日 (木)

コーヒーブレイク、4回目?

写真から今日のネタを見抜いた人はスゴイ、でも、そんな人はいないでしょう。大筋では誰にも? 判ると思います。右側に写っているのはコーヒーのドリップ布、そのホルダーです。またしてもコーヒーの話であります。

誰にも判らないマイナーな話をでっち上げて書くブログなので、ほとんどコメントつきません。専属のコメンテーターがひとりいらっしゃいますが、さすがに知らないだろうト書いたネタに来られまして、ヤドランカさんのバック演奏の話を書かれてます。

違う人も来られて今日は雨ではないか? 天気が心配な今日の空であります……それはいいのですが、これは赤ちゃん用の手ぶくろとヨーグルトの容器で作ったホルダーです。手袋を見かけた時に買っておいて合う物を探していました。

これなら丁度、合います。見えないと思いますが、手袋にはゴムが付いていてヨーグルトの容器に仕掛けるとピタリと納まる。これで1人前のドリップ・コーヒーがうまい具合に出来ます……いや、まだちょっと大きいか! 本当は2人前サイズです。

比較で判ると思いますが、大きさはそれほど変わりません。口の広げ方で違いが出来てしまう。専門誌によると布の質が言われますが、これで試すと関係は薄い気がします。いつも使うサイフォン布は最近、布質が悪くなっていて、こういう実験を進めています。

ドリップ布を縫い直すと、最適サイズが出来ないことはないと思います。まあ面倒です。あとは適正なサーバーがあればいいのです。いわゆるコーヒーサーバーはこのサイズからは合いません。サーバーが大き過ぎてしまいます。

それはないのか? 言われると思って探して置きました。これはコーヒーサイフォンの下の部品、アルコールランプで炙られる方のヤツが最適サイズになります。最も手袋ドリップをするためにサイフォン買って、しかもサイフォンとしては使わず……それもバカバカしいのでお勧めはしません。

マグカップとか何とか使えない事はないのですが、それは半端だと思います。何だというのでやっぱりコーヒーバッグに戻されますか? 私? 私はバッグは使いません……まずいもの、バックはおいしくありません。

2008年3月19日 (水)

パーキング・レディ

温かくなると出て来るものがあります。桜に毛虫のムシではありません。春に初めて駐車場ネーチャンを見かけます。正式には何というか知りませんが、まあ駐車場ネーチャンと仮に言いましょう。冬夏は見かけませんが季節がよくなると出ていらっしゃいます。

最初は車のガラスを叩かれて、空けると直ぐにセールストークに襲われた時は驚きました。いきなり縫ぐるみの白いクマを運転席に突っ込むと「付近にオープンした」そういう店と聞かされます。いえ、どういう店だか、さっぱり判りません。

「あ、いらない」反射的に言うのです。私の場合、簡単に断ります。ブログのネタとしては少し詳しく聞いとかないと間が持たないのですが、向こうも手でありますから、縫ぐるみの感触に戸惑って、口紅の色に見とれていると、逃げられなくなるのであります。

次の時は保険のセールスのようないい玉で……いえ品のいい女性で、つい私も……そんな事はありませんが。よく判らない投資の話で「いついつ何処に来てくれ」とまとわりつかれると悪い気はしません。付け睫毛の奥のカラーコンタクトレンズ。

帰れなくなるのが何やら楽しいような気になってしまいます。株価が下がりドルが下がり、息まで下がる三月にうまい話のある訳がない。
「その辺の事務所を借りてセミナーを開いています」という話を、私はすげなく断ってしまいます。

熊本市の場合、ちょっと前に市電市バスが無料化された時期があります。
高齢者はこぞって外に出ます。それをカモにする催眠商法が流行りました。午前と午後に弁当持って、そういう所をハシゴする老人がゾロゾロありました。その場合のトークマンとウーマンはどっちがいいか?

高齢者ですから女性が多い。高齢女性はトークマンがいいに決まっています。私は、私はその時にそれほど高齢ではなかったので、せいぜい取材程度にしか行っておりません。トークウーマンに口説かれ損なった世代であります。

催眠商法は、その高齢女性が束になってトークマンの加勢をします。
「買おうてやんなっせ」
「ひとつ位はよかろもん、買いなっせ」
「……」ターゲット者は必要ないのに仕方なくなく買わされる訳であります。

無料の市電、市バスが生み出した物は、騙される老人と騙そうとする若者たち。その技術と習慣なのですなあ。パスが2割負担になると老人は再び、内にこもってしまいます。セールストークの達人女性が駐車場でカモを待つのあります。

そういう歴史があり、歴戦のセールス嬢はうまい。車に近づく私を巧妙にマークして来て、
「こんにちは、いい天気ですねえ。体お悪いんですか? わたしもそうでした……直りますよ。これ」とチラシを出して。
チラシには「スピリチュアル」という字と「不思議」という字が見えました。

――あ、いらない。
「本当に治るんですよ」
――いらない、いらない。
ちょっと断るの早すぎたかなあ。でもなあ。タイプじゃなかったなあ。どうも品がなくて今ひとつだったからなあ。

2008年3月18日 (火)

ファドで3回目

Youtubeの話ばかり三回目。Marize、マリーゼさんをご存知でしょうか。Fado、ファドというポルトガルの民族音楽です。古く熊本は天草に渡来したという話もありますが、それは知りません。いえ、アマリア・ロドリゲスさんが生前に公演したのは知っています。

伝説の歌姫も歳には勝てませんで、私が聞いたベストアルバムは確かに往年の輝きを偲ぶ物ではありましたが、すでに過去の人でしたねえ。後継者もないではなかったという話ですが、まあ粒が小さい。まるでひばりの後継者がいない歌謡界を思わせました。

ファドは演歌とよく比較されました。漁に出て行った男を待つ、女性の気持ちを歌ったのが始まりとか言われました。異邦人でヒットした久保田早紀さんはポルトガルのどこかでLPを作ったとか、ちあき・なおみさんも新曲に困ってファドに新曲を探したとか……

その手の話はよくありました。でもファドは日本人には歌えないのじゃないかな……私はそう思います。フォークでデビューしたカルメン・マキさんがジャニス・ジョップリンに影響されロックに転向した話は知ってます?

カルメン・マキさんのシャウトに対し、それに続いた女性ボーカルのシャウトには限界がありました。ファドにもシャウトに近い部分があって、それは日本女性には出来ないと私は思うのです……そして往年のアマリアの再来、マリーザさんです。

YoutubeでMarizeさんをお聞き下さい。最新録音、最新画像でのデモビデオに驚いて下さい。一部は出来ませんが大部分は例によってCD−Rにも落とせます。名人芸をじっくりお聞き下さい。さて私がマリーザさんを買いにCD屋に走ったと思いますか?

私は続けて3度聞きました。本当にスゴいと思います……でも、これは今、私には必要のない性質の音楽です。20代のあの時代になら必要だったかも知れません。今は必要がない……私は美空さんがなぜ失速したか判るような気がしました。

美空ひばりには歌う歌がなかったと言われます。私たちは美空ひばりを必要としなくなったのではないでしょうか? 近い所に、アマリアさんのファドもあります。マリーザさんと聞き比べてみて下さい。工夫されてはいますが、よく似てますでしょう?

ファドの女王アマリアを超えようと、曲によって打楽器をを入れ、トランペットを入れオーケストラのバックさえつけ、工夫されてます。でも何も新しくない。音楽は何か新しくないといけません。多分ファドが変わる事を拒否している。

そうでしょ? 今、女性は誰も男を待ったりしません。やりたい事を自分でするのです。必要があるとすれば家を守ってくれる男か、ちょっと毒舌が過ぎましたか? 別に時代の流れを否定しません。だからマイーザさんのファドを今や必要のない音楽と言うのです。