« 長崎カステラ | メイン | スパイウエア「スマイトフレンドーC」 »

2008年2月18日 (月)

受け止める年令

年令の問題があって、年令でも障害の受け止めは違います。
私の症状、変形性股関節症も30才で出た場合と70才でというのとは、受け止め方が違います。健常に戻りたい。その願いが大きく諦めがつかない場合と、切りよく前向きになる場合と……およその想像はつきましょう?

どちらがいいと言っているのではありません。ちなみに80代で人工股関節にされる方が今はあり、昔とは違ってきています。心の中をどう処理するかによっては、80代のお婆ちゃんが車椅子で入院し、杖突いて笑って退院して行く。そういう事も有りえます。

チャリティやボランティアで、そこそこ身障者に理解があると思われていた年配の方が、自分で身障者になられた時に深く嘆かれ、周囲を驚かします。チャリティやボランティアが、自己の修練にはならなかった例でしょう。

若年性認知症も認知症とは違うそうです。「介護施設は高齢者ばかりで居場所がない」と本人や家族が悩まれる一方、「対応が分からない」と施設側も同症へ戸惑うというニュースが出ています。これは障害に対する考え方が分かれるのと似るかもしれません。

ニュースによると若年認知症は「高齢者と会話が合わずイライラして暴力をふるう」「家族が先の見えない介護を不安視している」そうです。何とか健常にもどりたい、回復をあせって意欲が空回るような所がありうると思われます。

実をいいまして生来の身障者、CP脳性マヒ障害と、交通事故での障害とでは障害感というのか、その内面は違います。行政や福祉団体や個人でも、前者に中心を置こうとしたり後者を主に考えようとしたりバラけます。

しばらく時が熟成しますと、どちらかにウエイトを置く事が間違いと、そういう認識が生まれて来ます。それにはどれくらいの時間がかかると言うと、まあ気が長くなります。その理解まで気の重い展開が続きます。

私は腰に障害があります。目にも障害が出そうになった事はありますが、あまりはあわてませんでした。それなり動揺は来ました。まあ仮にこれから上肢、手の障害になるとしても似たような経過を追うでしょう。

物はついでです。チャリティやボランティアする時は、その辺を勉強するつもりでした方がいい。目の悪い人可愛そう。私は見えるからよかった。大丈夫なんて思って、チャリティやボランティアしてもあなたのためにはならない。受け止めが浅くては見識は深まりも広がりもしません。

映画一本見るにしても、浅い見方をしていたらダメで……映画の中だけでも自分で障害を背負うような見方がある訳です。気持ちを据えて観て下さい。障害者の私に説教されてる健常なあなたって、可愛そうかもしれませんよ……いえ、失礼しました。

若年認知症ケア研修会:患者・家族の悩み、施設側には戸惑い /群馬 04:52
2月13日12時2分配信 毎日新聞
 県こころの健康センターは12日、前橋市の県勤労福祉センターで若年認知症のケアに関する研修会を開いた。介護福祉士ら約100人が参加。「介護施設は高齢者ばかりで居場所がない」と患者や家族が悩む一方、「対応が分からない」などと施設側の同症への戸惑いも浮かび上がった。
 同症は65歳未満で発症する認知症。働き盛りの年代で本人や家族の精神的ショックは大きく、介護面の未整備や周囲の無理解など問題も多いという。
 研修会では桐生市の老人福祉施設の職員が男性(当時64歳)の事例を紹介。入所時に同症の知識を持った職員がおらず、高齢者同様の世話に本人が嫌がったという。職員は「若くて体力もあると『自分で』という気持ちが強く、もっと本人の意向を尊重すればよかった」と振り返った。
 このほか「高齢者と会話が合わずイライラして暴力をふるう」「家族が先の見えない介護を不安視している」などと切実な意見が出た。
 県は今回の研修会を踏まえ、関係施設などへの啓発に取り組むという。【鈴木敦子】

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18080210

受け止める年令を参照しているブログ:

コメント

ごぶさたです。  お元気そうですね。僕はチャリティーやボランティアはやってないなあ。障害のことを深く理解していないからだと思います。僕はいわゆる神経症で、精神科通いですが、症状も人それぞれで僕の内面的な苦しみは誰にも理解できない。医者にもわかりませんしね。30年以上付き合っている病気なので、治したいというより、良い意味であきらめてますね、、付き合っていこうと。ところで、そろそろ再手術ですか?

こちらこそ。そちらはCDが面白そうですねえ。何だかんだ言っても、単にきっかけです。人の用も自分の用も、足してあげて……そういう面もあって、それとは別に見えて来る世界ありますねえ。しっかり見ましょ。ついでに見ましょ。……もったいないから見ましょ。何でも言えますね。今日、書きましたがスパイウエアは見たくないですが(笑)また、そちらにお伺いします。

>人の用も自分の用も、足してあげて……そういう面もあって、 それとは別に見えて来る世界ありますねえ。<なんか、この言葉、いまの自分が救われた気分です。ありがとうです。人を背負うと考えると苦痛でもありますが、まあいいかって思えることは大事ですね。  いや、サンキューです。いろんな人と作っていくと疲れるんですよ。人間関係・・ 笑。

何と書きましょう?本気? 何か冗談のようにも聞こえますが……アッシュさんは悪い冗談は言わないなあ。人間関係は私も疲れますよ。究極的な人間関係、回避してます……結婚!こういう冗談で受けていいの。

けっして深読みしたわけではないですが、人の用も、自分の用も、、ってのが心に響いたわけでして。結婚!  恋愛なしでいきなり結婚もいいですね、経験ないけど。恋愛経由の結婚は1回でじゅうぶんでした、、あは!一人暮らしの長い人は結婚はつらいそうですが、hattaさんは果たして・・同棲が気が楽でいいかも・・そのまま死ぬまで同棲。 おしゃれです。まあこれは冗談半分、本気半分ですが。

今日の話題もそうですが、必要を満たせない。もう少し親切になった方がいい。その両者のバランスが悪いのか、折り合いは難しいです。空気読むというのが流行語ですが、あんなもん正確に読めるはずがない。空気読むだけでは足りないんです。首を傾げる事が多いですねえ。

コメントを投稿