« 接続コンセント | メイン | リモコンの部屋 »

2008年2月29日 (金)

米の作り過ぎは、もったいない!

「米の作り過ぎは、もったいない!」というポスターを東北農政局が作ります。農民感情を逆なですると連絡協議会が抗議します。そういうニュースが出ています。自分が付くとすればどちら側か。目を白黒させて、まあ農政局に付く事をを、いったん考えます。

今時に困る、誰だって上がる物価であります。私も、デパ地下からスーパーのフランソワへ、朝のバケットの種類を変えたことは前に書きました。何でお前は100円食パンを食わない、そう言われそうな感じがコワいのでありますが(笑)
何であんな食パンが食えるの? 質問には質問で答えます!

パンはいいのです、今日は米の話。熊本市の平均的な家庭では県産の「森のくまさん」か「3度のときめき」を食べていて、以前は私もそうでした。私、あまり大した郷土主義者でもなく、それほど熊本は誉めません……でも、米は県産でいいと思うのです。

最近は友人の情報で、ドンキの無洗米に黒米いれて、無料のミネラルウォーター、単なる湧き水で炊きます。するとブランドとブレンドが、あまりは違わない。東北に角を立てるつもりはないのですが、プライド高すぎ、自意識過剰と思います。

東京では「東北米はうまい」そう言う人もいる事は知ってます。熊本では言わないと思います。森のくまさん5キロ1700〜1900円は普通で、あれは八代米です。ブランドと言えば七城米をいう、これも県産です。5キロで3000円という感じですねえ。

秋田米が熊本で、どういう値段で売られるか? チラシ写真で見てもらえれば判ります。今回はこれ買ってませんが以前に無洗米の同じ袋を1300円で買いました。まあまあでした。むろん森のくまさんを超える物ではありませんでした。

秋田米はこの値段に出ています。米の絶対量がどれだけ必要で、どれだけ余っているか。詳細情報はありません。が、余っているから下がっている。それが現実、麦や大豆が足りない状況を「もったいない」と表現した農政局に理がありそう。

協議会、農民側に絶対つかないのではありません……朝はバゲット、昼はとんこつラーメン、夜は黒米ごはんにしたい、それだけ。私の理想の食事はそれほど贅沢でしょうか。東北ではパンや麺を絶対に食べないのでしょうか?

「米の作り過ぎはムダ」
http://news.goo.ne.jp/article/kahoku/region/20080226t73040.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18080300

米の作り過ぎは、もったいない!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿