« もったいない | メイン | 書評「陽炎日記」木尾士目 »

2007年10月26日 (金)

ヨガの秘術

振込告知のハガキのように毎月が過ぎて行き、相も変らぬ日常が突然、裂けてしまいます。気がつくと10年が過ぎています。バス停を乗り過ごした人のように慌てて、タイムマシンを降り立つ……そんな事もないのですが。

ちょうどそんな気がします。指定銀行の残高がなくなれば当然、自動振込も無効になります。当たり前でしょうか……突然ですが、あなたは逆立ち出来ます。私は昔、逆立ちが出来ました。その昔、ヨガの講座で逆立ちが、よいと聞き練習しました。

最近、また聞きまして思い出してやってみたら出来ません。出来るようにはなった物の、大した効果もないので、それきり止めてしまった。それが指定銀行に残高が無くなった状態であります。還暦を越えても逆立ちが出来る人は、無論あります。

ただ若い頃から続けて来て、今も出来る。そういう人であります。60才から練習するのでは大変です。壁の前に座り、目の前に両肘をついて、手のひらに頭を抱え、腰を上げて尻を上げて、体を壁にそって伸ばす。最後に足を揃えて壁に添わす。

それでバランスが取れるようになったら腕を伸ばす。重量上げるように体を上げると逆立ちになります。めんどうというなら初めから両手をついて鉄棒の逆上がりのように、壁に添って逆立ちする手もあります。

バランスは簡単には取れません。フラフラして倒れるとケガという事もないとは言えない。肩を痛めた腰を打った。手をくじいた足を痛めた……まあ歳を取ると、ありますなあ。そんなに危ない事をしなくてもトおっしゃいますか?

足で立つのが普通です。前に歩くのもそうです。それを少し逆にしてみる。すると足にいい、体にいい……それがヨガの教えであります。後ろに歩くのも若い時は誰でも出来ます。歳とると出来なくなります。

足にいい事、体にいい事は若い時には必要ない。何もしなくても体はいいんです。歳とるとそうはいかない。目とか歯とか、肩とか腰とか、不具合が次々と出て来ましょう。出てきた時はおおむね、おおむねですが遅いんです……手遅れ。

時間を降りて若さを取り戻そうと悪あがき(笑)最近、悪あがきも色々ありまして効くのも開発されております。ちょっとタイムマシンを降りて試してみてもいいでしょう。何しろ平均で80年から85年だそうです。

日常は自動引落になっていて意識の外に置いてあるんです。それで口座が空になる。逆立ちとか後ろ歩きやってると、チョコチョコと預金したら少しは長持ちします。私も身障者でこんな元気に60才になるとは思わなかった。

若い時から年中、あちこち悪いんですが、逆立ちなんかも健康の足しにしようとTV講座を見ました。ヨガの秘術というほどの事はないだろう、思っていました。しかし3日やると感覚で判ります。体にいい。そういう訳で何とか思い出して逆立ちト、どっこいしょ、何とかまた出来そうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18079226

ヨガの秘術を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿