« 躍進民主、大敗自民 | メイン | 山田那喜さんのCD「祝福」 »

2007年7月31日 (火)

うなぎとカブトムシ

暑いです。うなぎ食べました? (笑)安いうなぎにご用心! 危ないですよ。熊本はうなぎの養殖はやっておりませんが鹿児島や宮崎では盛んです。全国の1位と3位であります。2位の静岡が有名なので割を食っていますが、間に挟まれ安く食えます。

さて土用にうなぎを食う習慣は平賀源内のアイデアと言われます。その前はどうだったと思います? フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で調べるとすぐ判ります。自分で調べてみますか?(笑)その前、うなぎは神様でした。

長くてうねうね動く生き物は大体、神様です。蛇やウツボがご神体という神社は、あります。その延長で鰻が神様なんです。中には不思議な話もありましてね。多摩川で洪水が起き、堤防が決壊した時に、どこからともなくウナギの群れが現れ、堤防に空いた穴に入って行って決壊を防いだ。

日野市にそういう言い伝えが残っています。それで住民はウナギを食べない。これは昔、村を多摩川の洪水から守ったためといいます。住民はウナギを神として祭ったとされます。日野宮神社の地元住民は親子三代にわたってウナギを食べない例があります。

眉唾と思いますか? あなたバチ当たりますよ……これがですねえ。鰻は穴に入り込む習性があってまんざら嘘でもないと言われます。神を信じる人、信じない人といろいろありますから、こういう根拠を出されると、かえって困る人があるかも知れません。

鰻の神聖な部分を素手でつかみ出し、美味しいファーストフードに変えてしまった源内さんも罪作りですねえ(笑)鯉が神体という神社はもっとあります。近くに滝がありまして鯉が流れをさかのぼって、滝もさかのぼって龍になるという話です。

「千と千尋の神隠し」でも使われた伝説です。鯉は鯉、龍にならない事は科学的に明らかで、これは出世を願う人の心の有様でしょうね。欲望のあさましさというか。神とは何か、正体みたり池の鯉、ボッチャン! (笑)そういう事ではいけません。

私が何歳だったか。年上の友達についてクヌギ林に行った事があります。友達が昇って揺らしますからクヌギの木からカブトムシが落ちてくる。茶黒い背中をヒカヒカと光らせ、ボタ、ボタ……落ちて来る。この世の物とは思えない不思議な光景でした。

この世に神が宿っていい場所があるとすれば、鯉の背中よりはカブトムシの背中の方が神聖……(笑)そんな気が私はします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18078586

うなぎとカブトムシを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿