« 児童虐待 | メイン | 犬の勝敗 »

2007年4月23日 (月)

UCCあまい香りのモカ

コーヒーの話をひとつ。私の場合、メジャーなコーヒーは使いません。ほとんど使わないが珍しくUCCの「職人の珈琲あまい香りのモカブレンド」で飲んでいます。理由は単純に、切れかけた時にバーゲンに出ていた。それだけです。

UCCさん、ごめんなさい(笑)2月21日の製造で、袋の上から嗅いでも匂ったのが理由になります。製造が新しい、で確かな匂いがする。どんな能書きをいうコーヒーでも、ここを外してうまいコーヒーはありません。

高級コーヒー、有機栽培、手作りコーヒー……でも匂いがしなかったらダメコーヒーと思って下さい。さて、このままでもいいのですが私はブレンド直しました。むつかしくありません。トラジャを一粒分混ぜました。一杯あたり一粒分のトラジャ。

これだけで味は変ります。理由は判りません。ミルでトラジャ、一粒挽いて粉にして、後は規定量のモカブレンドでたてます。ブレンドを直したと言う方がおこがましいのですが、確かに変ります。複数友人で確認していますので間違いない。

ただねえコーヒーに関してはハッタリ効きますからネエ、私……(笑)お試し下さい。「UCCあまい香りモカブレンド」です。トラジャも新しければ何でもいい訳ですが、私はキーコーヒーでやりました。

事情が事情です。申し上げておきますが、次回のベースコーヒーにUCC使いません。量産ブレンドの宿命、どこか大味さがつきまとう。「美味しさたっぷり」コピーだけは足りてます。中身は足りない足りない。トラジャは高い、予算の関係か?

アキが来るのが早そう、と思います。それでも思うUCCは何で最初からこうしないのか? ブレンダーがヘボなのか? ……調子に乗ると実名で何でも書いちゃうhataでした。(4月始めの購入 400g300円)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18077884

UCCあまい香りのモカを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿