« 風のモナリザ | メイン | 殺意のありか »

2007年3月31日 (土)

陰鬱な現実

宮崎峻監督の陰鬱、あるいはイラツキをTVで見ます。笑えます。まあ創作の現場はあんなものでしょう。わざと火をつけないタバコをくわえてみて、結局それに火をつけてみて(笑)思い通りにならない世界に、タバコで対抗はできません。

ある程度、年を取ると判るのですが、この世界は思い通りになんて行きません。事、パソコンにしたって、ある日、ファイア・ウォールが更新して知らん顔をする。朝からネットが使えない。それだけの事で憂鬱の始まりです。いえ、私はタバコを止めています。

朝のコーヒーが不味いのは、そういう精神的な事でしょうか?……そういえば最近、ブレンドを変えていない。ブレンドなんて時々はモデルチェンジしなければ舌の慣れ、うまくなんかならないのです。奮発してトラジャでも買って来よう。

豆屋の近くにB電気があって、関連での懸案事項はプリンターの買換えです。ヒューレットからキャノンに買換えの決心がやっとついたのですが、複合機にするか単体にするかの決心が未だにつかない。もう何ヶ月もの優柔不断であります。

トラジャの香りと共にB電気の店内を散策します。ヒューレット、hpプリンターはありません。プリンタ本体はありませんがインクだけ帰ってますね。今年初めには完全撤去だった。ヤマダと提携したニュースを読んだのですが、それで形勢逆転とは行きますまい。

6年使うとプリンタは大体、ダメになります。早いのは3年。私のも、もう紙送りが悪く、A4は巻き込みましてグシャグシャになります。ハガキの方はそうでもないのですが……ア、ひらめきました。紙送りのローラーをクリーニングしてみようか?

エプソンやキャノンは専用クリーニング紙を使うのですが、hpは中を開けて直に拭き取ります。洗剤か燃料アルコールでもいいと思います。それでプリンタソフトを追加して、さあ、どうだ! ゥウ、動きました。巻き込みなし。インクはB電気にもあるし完全復活! 堂々8年目です。

キャノンのプリンタ? 長くて6年しか持ちません。音はうるさい、印字はもうひとつ……このhpで、もう1〜2年は行くかぁ? インク代高めだけどタフですねえ。蒼井優さん、さよなら……まあ、特売にでも出たらキャノンも買ってやっていいか?(笑)

私はなんて事で、精神操作に成功します。気分良好、ちょっとしたインターネット・ハイ。私の陰鬱なんて、こんなものです。私の陰鬱は簡単、宮崎峻監督の陰鬱も……まあ似たりよったりです。簡単に行かない陰鬱は今、石川県にあります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18077640

陰鬱な現実を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿