« コンピュータ・ゲーム 1回 | メイン | 猫おばさん »

2007年2月19日 (月)

コンピュータ・ゲーム 2回

ゲームと原稿作りが同じというのは抵抗がありますか? 私は初期の頃から同じと思いました。原稿に凝って日に3時間も4時間も原稿いじりしていました。音楽家志望も日に5時間とか6時間とか、楽器演奏するそうです。共通点という事で理解がいくと思います。

熱が入ったゲームも時間換算すると、そういう事になるそうです。手書き原稿はとっかかりが難しく入り憎いから、そうは行きません。主婦の夕飯だって、メニューが決まるまでが大変と聞きます。ところがゲームの特色は入り易い事です。

スイッチ・ポンで、もう音がして絵があってユサユサと動き出すのです。原稿も同じです。原稿も昨日までを読んでもらってプリントしてもらって「さあ、この後、どうする」ってなモンでしょう。コンピュータ関連は一般に、そういう傾向があります。

小学4年くらいかな。女の子ですが学校から帰って来るなりパソコンのスイッチ入れて、チャット始めます。ランドセル投げ出したままジュース出した冷蔵庫のドアも開けたまま1時間後、お母さんが帰って来るまで熱中、熱中、熱中。女の子はおしゃべり好きです。

お母さんはタイピングに少し問題があってチャットは出来ないんですが、メールにはハマッている。女の子に兄弟がいればゲームに向かう事、請け合い……男の子はゲームです。延長で私は原稿に凝ったというの納得されましたか? そんな物ですよ。

私の場合、ミニコミで話題になり、助成が取れ、入選作になり……要するに金になったという訳です。ゲームは疲れだけが残る。メールやチャットは疲れだけとは言いませんが、日に何時間となると問題になります……が、基本的にそう、なり勝ちです。

「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」が中高年に流行っています。これはやった事がありませんが適正時間があるんでしょ? 日に10分とか1時間とか、それを越えて何時間かやる。頭の活性化に仮に効いたとしても、違う問題が出てきそうです。

手書き時に書き過ぎ腕が温かい、熱っぽい症状はありました。書痙とは違うようですがワープロに切り替えの時期でした。私は疑問なく切り替えます。ところがワープロ原稿は、文の質が落ちるト言われます。ワープロ原稿はダメと受け付けない所もありました。

いったんワープロでまとめ、手書きで清書原稿を作るなど、私も試みは続きます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18077252

コンピュータ・ゲーム 2回を参照しているブログ:

コメント

脳トレも、一日メニューが終わったら終わりです。それでも、中には私のように、はまってしまって、他のゲームを始め、肩こり、首の凝り、目の奥が痛いcoldsweats02きのうなぜか、器機を持つ左手が腱鞘炎shockほどほどに・・・ですよdanger

手紙を書く時、よくやりますね。ワープロで作ってから清書。漢字がわからないうちに何を書こうとしてたのか忘れてしまうから(笑)目上の人に対しての手紙などは(プレゼンも含め)手書きのほうがいいので、一度ワープロで文章を作り、改めて手書きします。そうすると不思議なもんで、手書きで返信が来たりするもんです。キャスターの筑紫哲也さんがそうでした。CDを送ったついでに手書きの文章を添えて。丁寧な手書きの返信がきましたね。おかげで、ますます漢字を忘れてしまいました。どっちがよいのやら。

ご協力ありがとう御座います(笑)でも、あまりヤラナイで下さい。私の場合、ワープロ代やパソコン代は出たのです。kazuさんの場合、サロンパス代がかさむんでしょ。止めて!……旦那にもませてません? うー、いいなあ(笑)

アッシュさん登場ですね。話は……先取りだ(笑)それは3回に書こうとしていた所です。アッシュさんは、私と合うんだか合わないんだか判らない所が面白い。公募原稿にはワープロお断りという所がありまして、縦書き可、横書きお断りとかもあるんです。TVのモニターで、プリンタの字の大きさ指定がありました。私のはダメで拡大コピーでゴマかしました。私の場合はメモを取らないといけないので漢字忘れは遅かったのですが、最終的に来ましたね。く〜る、きっと来る。きっと来る(笑)高齢者はメモ取らないでしょ。あれは来てるんだと思います。先ってなかなか読めない。私は特にかな。でもつなげる補助具にはなると思うんですね。使いすぎはよくないけど見えて来る世界、時間はありますな。

音楽でもありますよ。前衛音楽(クラシック系)を奨励する団体の音楽祭に参加するために調べたんですが、「ジャンル、奏法、すべてに規定はないが、必ず手書きの譜面を提出すること」とあります。僕のような演奏は譜面に出来ないから出してないですが。でも、☆や▲で譜面を書いてもよいそうなんです。コンピュータ音楽が流行って、譜面もパソコンでプリントアウトの時代です。確かに読みづらい。手書きの譜面は愛情がこもってていいですね。 手紙と同じです。僕の両親は健在で、もう80歳になりますが、達筆で漢字もよく知ってる。なんでもメモする習性がいまでもあるからでしょうね。年寄りといってあなどれません。ボケの防止にもなるんでしょうね、、文字を書くということは。それはパソコンでも同じですかね。

愛とは何かというと文学的になりますが、字のサイズ規定は、高齢者が老眼で見えないからト、担当がいうに極めて現実的な話でしたね。これには裏返しの話が別にあって、上と関係ない話ですよ。パソコンで小さな字を使えば、はがきでかなり書ける。出版の話によると本に挟み込むアンケートで詳しい意見まで取れるようになった。双方が若いと次元の高いコミュニケーションが成り立つ。そういう声もあるんです。

コメントを投稿