« 身障者、現在形 2 | メイン | 身障者、現在形 終回 »

2006年10月25日 (水)

身障者、現在形 3

支援法での問題は最重度の身障者です。一般身障者はあまり関係がないのです。いえ、支援法だけでなく法的な事は今回に限りません。概ね軽度は関係ない。重度者は全、身障者の1割に満たないかも知れません。そこらへんの正確なデータはありません。

私が知らないだけで身障者協会は実態を知っているだろう。いえ、知りませんでした。協会は軽度中心だから、重度中心の会なら……残念ながらそれもNOです。重度の会からラジオでの発言です。http://www.fmk.fm/index.html  FMKの What`s newの中、イブニングジャーナル記事から最下、バックナンバーの中から10・3放送分をご参照下さい。

身障者が知らなくとも行政は知っているだろう! 熊本市の場合、この8月上旬に調査をやっています。支援法施行前はありません。そろそろ分析も済んだ頃と思いますが、それまでかなり古い情報で物事を進めました……じゃあ誰が一番知っているか?

施設で介護ないしは業務に当たっている施設職員らしい。ソースと執筆は同一か、市民記者の手によるニュースがあります。Ohmynewsからその記事を紹介します。
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000002156

個々の身障者なら少し知っています。お金に困るだろう。だろうとは無論、思います。問題はどの位、困るかです。正確ではない私の理解はこうです。重度身障者は介護を必要とします。プールに行きたいけど運転できない。バスにも乗れない。そうですね?

それでも行くとすると大変でしょ! バス代より介護の手が2人いるかも知れません。屈強の家族があればいいが、ない人の方が多いでしょう。2人の介護で2時間、熊本は最低賃金は時間600円で1200円、むろん自宅までの車代等は別です。

実際には一回5千円、もっとかな。実際にはそういう人はプールではなく、もっと実用的なリハビリがされるト思います。私が集めた署名では「支援費の自己負担を半額に」という趣旨でした。私は最初に憤慨しました。そうでしょう。5千円は高いが2千5百なら払うのか、オイ!

署名の趣旨は本当にそういう内容でした(笑)重ねて言いますが重度が考えた事、最重度は考慮してません。この署名集めに軽度は従いました。が、逆もいえます。たとえば、そうですね。市では7回連続の身障水泳教室が年2回されます。好評で毎回いっぱいだそうです。

それなら回数を増やすべきと私は思いますが、まあ予算がないのでしょう。増えたとは聞きません。重度身障者一人分の予算があれば、軽度身障者十人分の福祉費になります。市の福祉費という意味で財布は同じ、パイは1つです。

軽度身障者が署名を集める事は回りまわって、いえあまり回らずに自分の福祉費を削る事になります。自分にわざわざ小さなパイを切り分けるに等しい……いま書いた事はあくまで図式化です。これを知ってか知らずか、軽度身障者は人がいいなあ、そう思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394232/18076662

身障者、現在形 3を参照しているブログ:

コメント

色んな事を知って有るので、読ませて貰い参考になります福岡の身障者団体に入ってますが、横の繋がりが無いのには、吃驚しますsad今後ともよろしくお願いします。rvcarsmile

大した事は書けませんが、こんな調子です。こちらこそ、よろしくお願いします。少しバラシますと、以前は身障者関係の読者が少なく、身障関係記事を書くと視聴率が下がりました。ところが最近は関係にマークされているようで、この手の身障記事を書くとドッと来られます。その割りにコメントが付かないのが面白い。今回、調子にのって4回も書きました。当分ありません。日常のつまらないブログにもどります。

コメントを投稿